« WindowsPCの自作1☆ | トップページ | ベンチマークテスト☆ »

WindowsPCの自作2☆

さて、他の用事のついでにDOS/Vパーツ店に行ってきました
今回の予算は15万ということで近くにいた店員さん(店長さんらしい)に相談してパーツを集めてまわりました
やっぱりはじめは中心部のCPU、「Core 2 Duo E8500 3.16GHz」か「Core 2 Quad Q6600 2.40GHz」がおすすめだそうですが同時に複数のソフトを起動するので「Core 2 Quad Q6600 2.40GHz」を選択
続いてマザーボードはGigaByteのGA-P35-DQ6。一世代前の物だがBIOSをバージョンアップすれば十分だとのことなので特に最新でないとってこともないので購入しました。
他のパーツも相談しながら購入していったのですが一番悩んだのがグラフィックボード
今までも自作を何台かしましたが性能の違いが型番を見てもよくわからない
結局店員さんのおすすめを聞くと「ZOTAC GeForce9600GT」が一般的だということで購入しました。(グラフィックカードはもっと勉強します
更にケース、これは一番目に付くところですから慎重に選びたいですね
にしてもいろんな種類がありますね
この中でも目を引いたのがこの20センチのファンを搭載したケース。
相当冷えそうな感じ(笑)結局そんだけの理由でこのケースに決定!( ̄□ ̄;)ノオイ
本当はレッドとかブルーのケースが欲しかったけど部屋に合わないものを買うよりは無難な選択ですから
あとモニターは今使ってるのを流用するつもりでしたが22インチのモニタが28,300円であったので将来地デジチューナーをつけることも考えてCOPP対応の「HYUNDAI N220W」を買ってしまいました。

今回の購入パーツ一覧 価格は店頭表示
Core 2 Quad プロセッサー Q6600 2.40GHz
21,964円
 
GigaByte GA-P35-DQ6 Motherboard
25,900円
 
CFD W2U800CQ-1GLZJ 1GB x2
4,742円
 
ANTEC Nine Hundred
14,678円
 
SEAGATE ST3500320AS 500GB
7,100円
 
PX810SAJPB(S-ATA内臓DVD)
5,695円
 
ZOTAC GeForce9600GT
16,952円
 
SCYTHE 剛力短GOUTAN-600
8,714円
 
WindowsVista HomePremiumカードリーダーセットOEM
13,796円
 
HYUNDAI N220W
30,978円

以上の品々を台車に乗せてレジに向かった訳ですが…商品を見る限りどう見ても初めに立てた予算はオーバーしてます
しかたないなぁ〜と予算オーバーを覚悟していたら店員さんがはじめの予算を覚えていてくれて金額をオマケしてくれました
その結果合計が…税込150,000
予算ぴったりです
店員さんが、このスペックで22インチのモニタをつけたらなかなか15万ではないって言ってました。……ほんとに?
今日はいい買い物をしたのでこの記事を書き終わったら早速組み立てます
続きは後ほどUPしますね

|

« WindowsPCの自作1☆ | トップページ | ベンチマークテスト☆ »

PC」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WindowsPCの自作2☆:

« WindowsPCの自作1☆ | トップページ | ベンチマークテスト☆ »