« FW3.0βへのアップグレード☆ | トップページ | iPhone 3.0βからのダウングレード☆ 追記 »

iPhoneOS3.0βでiPhoneがiBuntinに☆

昨日FW3.0βについて中途半端な記事を書きましたが、その理由はiPhoneが起動できないところまで行った為ですsweat02
Apple Developer Connectionからdmgをダウンロードし復元開始、始めはアクティベートの失敗でしたが次はリンゴマークで固まり最後は画面が真っ暗になりましたcoldsweats02

ということで、焦ることも忘れ次ぎに考えたのがただの黒い板となったiPhoneを今後どうやって使うかです(笑)
5分ほど考えてみましたが形からもなにも発想できずに結局定番の文鎮(重し)にすることにしましたheart04(本当にしょうもないことを考えますcoldsweats01)
Appleの作った文鎮ですからこれは多分「iBuntin」でしょうsign01(英語ではPaperweightです)
こんな斬新なデザインの文鎮はなかなかないと思いますheart04
せっかく文鎮化してデザインが良いものを手に入れたのでiBuntinを一般の文鎮の代わりに使って毛筆の練習をしてみましたrock(字が下手なので…)

Photo059

実際に使ってみての感想ですが、幅がかなり広いため書ける領域が狭いですsweat01
かと言って半紙からはみ出すように置くと重さがかからなくなり文鎮の意味がなくなってしまいますbearing
上手く調整すれば良いのかもしれませんが私としてはiPhoneは壊れても文鎮として使うのは難しいと思いますthink
もう少し何か違う使い方を考えたいと思いますcoldsweats01

追伸
この後、文鎮化してから約8時間後にある操作により自力で起動及び一般的にはできないとされている3.0βから2.2へのダウングレードに成功しましたheart01
この奇跡的な復活で現在はiBuntinからiPhone3Gに戻りましたnote
便利な端末に戻ってよかったですhappy01
ちなみにiBuntinはi書道とは関係ありません(笑)

|

« FW3.0βへのアップグレード☆ | トップページ | iPhone 3.0βからのダウングレード☆ 追記 »

iPhone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/28692591

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneOS3.0βでiPhoneがiBuntinに☆:

« FW3.0βへのアップグレード☆ | トップページ | iPhone 3.0βからのダウングレード☆ 追記 »