« iPhone Easiness Sports 歩数計編☆ | トップページ | スキンシートの型紙配布☆ »

iTunes 9のホームシェアリング☆

今回のアップデートでiTunes9に追加された新機能「ホームシェアリング」sign01
この機能は一体どんな機能なのでしょう?
今までもライブラリの共有機能はありましたがホームシェアリングではどのように変化しているのか、今回はホームシェアリング機能の実態についてチェックしてみようと思いますrock
今回検証に使用する接続元はMac Pro内のiTunesライブラリ、クライアント側としてWindowsXPでまっさらな状態のiTunes 9を用意しましたshine
Photo

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
まずホームシェアリングを利用するには、両者のコンピュータをiTunes Storeに認証させた上でホームシェアリングを有効にする必要がありますsign01(コンピュータが認証されていないとエラーが出てホームシェアリングは有効にできません)

1

ちなみに共有のタブを見るとわかるようにライブラリ共有はiTunes 9でも有効になっています。(ホームシェアリングが有効になるとホームシェアリング側が優先になり一時的に非表示になります)
接続が完了すると共有のタブから接続先のライブラリの閲覧や再生が行えるようになります。
ここまでは今までのライブラリ共有と変化はありません。

5

ではなにが変わったのか??
今までライブラリ共有を利用してきた方なら一度は不便に思ったことがあるのではないかと思いますが、ライブラリ共有は聴く専用でしたbearing
これだと外出先などホームネットワークから切断された場所では聴くことはできませんし共有先の音楽はiPodに同期することもできません。
そこで今回のホームシェアリングにのせられた新機能が「インポート」ですsign01

4

この機能を使うことにより共有先にある音楽ファイルをコピーすることができます
コピーしてしまえばデータはクライアント側のHDDに入ってしまうわけですからネットワークから切断されていても使えるわけですしもちろんiPodへの同期もできますheart04
つまり今回のホームシェアリングは今までのライブラリ共有に転送機能をつけたものになっているのです。

6_2

ただしホームシェアリングはコンピュータの認証の都合上一度に5台までしか使用できないという制限があるのでこの辺りは注意が必要です。
家族間でiTunes上だけでなくiPodでも共有できるようになるのでとても良い機能になっていると感じますhappy01
また、ホームシェアリングは音楽だけでなくビデオや着信音の転送もできるのでiTunesライブラリほぼすべてが共有できると考えて良さそうですsign01
私は家族とのシェアリングはしませんが複数のMacが駆動しているので楽曲の共有に重宝していますheart04

|

« iPhone Easiness Sports 歩数計編☆ | トップページ | スキンシートの型紙配布☆ »

Mac」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/31345409

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes 9のホームシェアリング☆:

« iPhone Easiness Sports 歩数計編☆ | トップページ | スキンシートの型紙配布☆ »