« iPad 発送状況3☆ | トップページ | iPad 発送状況4 最終章?☆ »

電波法の改正案は可決されるか☆

はじめに、本記事は技適マークーを有さないiPadのWi-Fi・BTを日本国内で使用された場合に違法である可能性が高いことを述べています。
ただし違法であると断定するものではありません。
また、使用者の方を批判する記事でもありませんので先にご了承ください。
---------
以前も書きましたが米国版iPadは技術基準適合証明マークはついていません、更に現時点ではiPadは日本国内の技術基準適合証明を取得していないので香港版iPhoneのように問題なしというわけにもいきません
Twitter上でも質問されている方がいましたが私も一応総務省に電話確認したところ、無線機を使うと違反になる可能性があるので無線機能をオフにしてあればとりあえず問題ないそうです。(これにもいろいろと意見がありますが議論しても終わらないので今回も触れません)
まぁそれは十分わかっているので使用の際は気をつけます

で本題は電磁的表示による技適マークを有効にするという改正案があるということです
この電磁的表示と言うのはディスプレイなどに表示することを意味しています
現在の技適マークは本体に直接プリントされているかシールで貼られていなければなりません
しかし総務省もこれを改善する事を前向きに考えており、この改正案が成立された場合にはソフトウェアの中に記録されディスプレイに表示する方法の技適マークもOKとなるということです

例えばiPhoneもSoftBankが販売しているものには背面に技適マークがプリントされています
しかし香港版などのSIMフリーのものを日本で使っている場合は技適マークがついていません(これについては総務省も違法性なしの見解をメディアに公表しています)
ですがiPhone3G・3GSの認証画面には国を問わずすべてのiPhone3G・3GSに技適マークが記録されています(現時点でiPadは技適を取得していないので表示なし)

Img_6807

つまりこの案件が通れば香港版は完全に認可を受けたものとなれるのです
とはいうものの別にそうなったから海外の端末全てが日本で使えるようになるかというと、海外端末内に技適マークが含まれるようになるわけではないので結局ダメです
最近SIMフリー(アンロック)端末向けのSIMカードなどというのも公式に出てきていますが、実際国内に流通している公式のSIMフリー機種というものは数えるほどしかありません
先日携帯電話事業者各社がSIMフリー化を進めるということで合意したという話もありましたがこれからはもう少し規制が緩和されるといいなと思います

|

« iPad 発送状況3☆ | トップページ | iPad 発送状況4 最終章?☆ »

携帯」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電波法の改正案は可決されるか☆:

« iPad 発送状況3☆ | トップページ | iPad 発送状況4 最終章?☆ »