« いよいよ明日よりiPad予約開始☆ | トップページ | イグナクロス零号駅の痛iPad☆ »

i文庫HDを使ってみた☆ iBooks比較編

iPad購入以来iBooksGoodReaderなど電子書籍を読む為のアプリケーションを探していましたが今まで中々いいものがありませんでしたbearing
そんな中、日本版iPad予約開始とともに同じく電子書籍ビューアーの「i文庫HD」がリリースされたので早速試してみましたnote

使ってみるだけでは良さがわかりづらいのでApple純正のiBooksと比較してみようと思いますsign01
というわけでまずは本棚shine
木目の向きは違いますがUIは非常に良く似ていますrock

Img_0117_2

iBooks以外のビューアーを使う場合はこのUIは諦めなければ行けないと思っていたので非常にうれしいですscissors
やはり表紙が並ぶというのは探しやすいですねhappy01

データの管理はiBooksの場合iTunesで管理が可能ですが、i文庫HDの場合はiTunesからファイル共有機能を使って転送するかFTPサーバーからダウンロードする形になりますheart04(青空文庫からの直ダウンも可能)

Img_0118

転送すると上記の画面に追加されるので本棚に追加したいものは表紙などを設定して追加しますnote(脱獄済みであればSSHなどでまとめてアプリドキュメントに入れても表示されます)
すると本棚に現れるのでそれをタップすると開くことができますpaper

では実際に開いてみますheart01
まずは本感覚で横向きに持ってみますsign01
i文庫HDはZIPファイルでテストした場合は全画面表示ですがiBooksは表示領域に制限がありますbearing
iBooks用にePubを作成して余白を0に設定しても表示フィールドの関係上これ以上にはなりませんsweat01

Img_0119

更にコミックを変換した際の問題としてiBooksにはズーム機能がありませんでしたが、i文庫HDではかなりの倍率までズームが可能ですhappy01

Img_0120

コミックを読むにはズームは必須ですsign03
他にもi文庫HDでは各書籍の開き方向なども設定できますup
iBooksに比べるとi文庫HDは反応も早いので使いやすいと実感できますhappy01
もちろん縦表示も可能ですが基本的な面はかわらないので優勢はi文庫HDですnote

Img_0124

とにかくScanSnapでの連番ZIPがそのまま使えることとズームが可能なことが私にとっては一番重要なので600円でもかなり納得できるものですscissors
iPhoneでのiComicに続く良アプリだと思いますsign01
しばらくiBooksと置き換えて使ってみますheart04

※作業にネットワークの使用が含まれる場合はDockテザリングを使用しています。

|

« いよいよ明日よりiPad予約開始☆ | トップページ | イグナクロス零号駅の痛iPad☆ »

iPad」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/34630463

この記事へのトラックバック一覧です: i文庫HDを使ってみた☆ iBooks比較編:

« いよいよ明日よりiPad予約開始☆ | トップページ | イグナクロス零号駅の痛iPad☆ »