« iPadガラス割れ→修理☆ | トップページ | FMトランスミッター「LAT-FMi200」を試してみた☆ »

日本通信のiPhone4用microSIMを買う前に知っておくこと☆

先日、日本通信が「iPhone4をNTTドコモ回線で使用可能にするmicroSIMカードを発売する」と発表発表しましたsign01
実際この記事を読んでくださっている方の中にもドコモ回線でiPhone4を使いたいと思っている方も多いと思いますhappy01

Img_0978

この言葉だけを聞くといよいよiPhone4がドコモで使える!と喜んでしまいそうですが、これにはいくつかの重大な注意点がありますrock
今回はその注意点について見ていきたいと思いますup

まず料金は音声通話+データ通信(talking SIM)が無料通話分1050円込みで月額3,785円、データ通信(b-mobile SIM)が月額2,980円になる予定だそうですyen
SoftBankモバイルで購入した場合にも、iPhone4本体一括で必要のないオプションをすべて外した場合は月々3,785円なのでほぼ同額であると考えて良さそうですnote(SoftBankはホワイトプランに無料通話分は含まれない)
ここまではなんの問題もないように見えますが、実際直面すると思われる大きな問題は以下の3つですsign03

1.SIMロックフリーのiPhone4の入手
皆さんご存知の通りSoftBank系列が販売しているiPhone4にはSIMロックがかけられています。
いくら日本通信がmicroSIMを出してくれてもSIMロックがかかっている端末に挿しても使用する事はできません。
残念ながらSIMフリーのiPhone4は日本では公式に販売されていない為、海外で一部販売されているSIMフリーのiPhone4を輸入しなければなりません。
脱獄でSIMロックを解除してしまうという方法もありますが国内ではちょっとグレーな感じですので推奨はしません。(もちろん脱獄はAppleの保証対象外です)
更に問題なのは海外から輸入したiPhoneは日本でサポートが受けられないという事です。
実は先日落としてしまったiPad二台のうち一台がUS版のため日本でのサポートはできないという回答があり、iPhoneについても同じサポート体制だそうです。
もし故障してしまった場合は輸入した国まで発送してサポートを受ける形になる為往復の送料等が相当かかる事は覚悟しないと行けないと思われます。

2.通話・パケット通信の規制
ドコモ回線でiPhone4を使いたいと思われている方の多くは電波の良さや通信速度の速さに期待されていると思います。
日本通信はドコモ回線をMVNOしていますし、iPhone4も800MHz帯にも対応しているので期待通りの結果が得られそうな気がしてしまいます。
しかし、実際は日本通信が提供するデータ通信速度は300kbpsまでと制限されてしまっています。(通話の場合は特に規制なし)
つまりFOMAハイスピードエリアであっても最大7.2Mbpsが最大300kbpsとなってしまうわけです。
当方SoftBank環境で10回測定の平均が573kb/sなのでそれよりも遅くなってしまう可能性があるわけです。
現時点で日本通信は「iPhone4向けに出すb-microSIMは、300kbpsよりも速度の上限を上げる」と述べている為、実際どこまで制限をあげるのかが重点になってくると思われます。
できれば規制解除が望ましいですね。

3.MMS等のサービス提供がない
多分今回一番ネックなのはここではないでしょうか。
iモードメール(〜@docomo.ne.jp)は付与されません。
SoftBankではS!メールというMMSサービスが提供されていますがドコモではiモードメールという独自規格を使用しているため、そもそも提供されたとしてもiPhone等のスマートフォンで利用する事ができません。
前日発表されたSPモードもMMSとして使用できるようになるわけではなく、専用アプリをインストールする事でiモードメールを送受信できるようにするというものです。(SPモードもiPhone向けにアプリを提供する予定はなし)
つまりiモードメールを使用する事はできず、PC向けメール(GmailやY!メール)とSMSを使う事が前提になります。

上記のような制限はあるわけですが、ドコモ回線で使えるようになる事は変わりませんpaper
とは言うものの一般ユーザーにはちょっと難しい環境かも知れませんねsweat01
私的にはビジネスユーザーの方がサブ機として持つのがいいように感じますnote
SoftBankではできないテザリングの開始も予定しているという事なので用途もいろいろと広がるのではないかと思いますgood
私自身も試験機として香港版iPhone3GSにdocomoSIMを挿して使っていますが、こちらは規制がないため通信速度についてはそれなりに快適ですhappy01(もちろんMMSは使用不可のためiモードメールをWebで読みにいっています)
ただそれでも私の環境ではSoftBankの回線自体に不満を感じないのでメインはどうしてもSoftBank機になっていますcatface

まずはドコモ回線で使う事で本当に自分がしたい事ができるのかをよくチェックしてから挑戦するのが良さそうですねheart04
まずは焦らずに速度制限の緩和状況等を見守っていきましょうhappy02

※この記事には未確定情報も含まれている為、情報に誤りがある可能性があります。購入時には各提供キャリアによく確認してから契約作業をしてください。

|

« iPadガラス割れ→修理☆ | トップページ | FMトランスミッター「LAT-FMi200」を試してみた☆ »

iPhone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/36095496

この記事へのトラックバック一覧です: 日本通信のiPhone4用microSIMを買う前に知っておくこと☆:

« iPadガラス割れ→修理☆ | トップページ | FMトランスミッター「LAT-FMi200」を試してみた☆ »