« SIMフリーの第四世代「iPad Retina」でXi(LTE)回線に接続☆ 追記 | トップページ | 2013年、今年もやります! 伊織日記お年玉プレゼント☆ #iorinikki »

iMac 27inc(Mid2011)へSSDを追加してFusion Driveに☆ 追記

Fusiondrive
新しいiMacの登場以降、買い換えてFusion Driveを選択するか現在のiMacにSSDを増設するかますます悩んでいましたが、先日ついに決断して増設する方向でVinatgeComputerさんにiMac 27インチ Mid2011用のHDDマウンタ(ネジ受けなし向け)を注文sign01
昨年の冬コミの時に店頭で購入したモデルなので結果は予想していましたが、一応ネジ受けの有無を確認するため分解してみるとやはりネジ受けはなしでしたcoldsweats01
ネジ受けなし用のマウンタはネジ受けの有無にかかわらずどちらのモデルにも利用できるのですが、ネジ受けあり用のマウンタはネジ受けありのモデルでしか利用できません。
今回は手元にあったクーポンと10%割引を利用して約1万4千円程で購入しましたyen

そして待つこと1週間弱sign01
やっと海外発送で商品が到着したので本日取り付けをしてみましたnote
当然ですが分解すると保証が無くなる可能性がありますし、難易度も高く壊れる可能性もあるため実行される場合は必ず自己責任で行なってくださいdanger
道具はヘックスローブドライバのT10・T6などが必須なので用意しておきましょう
happy01
私は他にもネジを入れておく皿やいつもネジが余ってしまうので長さの違うネジの場所をプリントした紙に凹凸をつけたネジ置きを作っておきましたsign01(下にはタオルを敷いて傷から保護しておくのがよさそうですhairsalon)

Img_0336

ちなみに今回利用したSSDはIntelのSSD 330 Series 120GBモデルを選択rock
ローエンドですが今回の増設は起動時間などがある程度早くなればいいのでコスト重視をすれば十分に良いと思いますshine

Img_0346

まずは下準備として届いたマウンタにSSDをネジで固定しておきます。
ディスプレイの取り外しなどは既にネジ受けの確認で分解しているので簡単だったのですが、問題は実際にそのマウンタを取り付ける時でしたsweat01
もともとついているスペーサーをマウンタに置き換えるのですが、この作業が一苦労sweat02
ロジックボードを外さなければ取り替えができないため、できるだけ手間を減らすようVinatgeComputerさんの協力店であるSpiricaさんのブログを参考に必要最低限の分解でロジックボードを浮かせる方法を取りました。
しかしこれがかなり難関でして、SATAコネクタの接続は一分ほどでできたのですが元々付いているスペーサーのネジがグラフィックボードに干渉してなかなか外せませんbearing
干渉することはわかっていたのですがここまで難しい位置とは思わず、実際このネジの付け外しだけで作業時間の大半を使ってしまいましたdown(実はコツさえ掴むの簡単にできるようになってしまったのですがcoldsweats01)

Img_0350

そこさえクリアすればSSDが本体内に綺麗収まりますscissors
後付したとは思えないくらいしっかりと収まっているので、組立も特に苦労なく戻すことができましたnotes
最後にガラスと液晶画面にホコリが入らないよう十分に注意しながらガラスパネルを戻して完成ですheart04

元通り配線も戻して早速電源をONにしてみると…ピーピーピーsign03
ビープ音が鳴り響いたので焦ってかなり悩んでしまったのですが、考えてみれば三回のビープ音はメモリーの不良だったことを思い出し再度挿入しなおしたら問題なく立ち上がるようになりましたbell

ここでSSDにシステムを移動させてやればBTOでSSD+HDDを選択したのと同じように利用できるのですが、今回ははじめに悩んでいた新しいiMacで選択できるFusion Driveにも挑戦してみましたup
実際のところ新しいiMacでもFusion Driveというハードが存在するのではなく、Core StorageによりSSD+HDDがひとつのドライブとして使えるようにソフト的に設定されています。(あくまでなんちゃってFusion Driveなので厳密にはApple純正Fusion Driveとは動作自体異なるため、実用したい場合にはちゃんと新しく買うことを推奨です)
簡単にいえばRAID0を組んでいるような感じなので、今回増設したSSDでも理論上使用することが可能なはずなのですpaper(この方法だとどちらかが破損すると致命的だったりするのでちょっと心配はありますがw)
ということで試行錯誤しながら設定しましたsign03

一番簡単なのはSSDとHDDのすべての領域を削除してFusion Drive化することなので今回はこの方法で挑戦ですgood(そのためBoot Camp領域は削除)
作業はリカバリーモードでターミナルを利用して設定するだけなので、コマンドの使い方がわかっていればそれほど難しくはないと思います。
設定が完了したらTime Machineから元のデータを復元してあげれば環境はそのまま引き継ぎが完了notes

20121227_220158

もう再起動後の速度からかなり早くなっていて非常に嬉しいですheart01
ドライブ情報を見てみると120GBのSSDと1TBのHDDを合わせた1.12TBが表示されているのでしっかりと一つのドライブとして認識されているようですsign01
ちなみにMac mini(Late 2012)などの純正Fusion Driveが選択可能なモデルでは「内蔵ディスク」ではなく「ハード・ドライブ+フラッシュストレージ」という表示になりますrock

まだ細かい速度などはチェックしていませんが、ひとまず高速化できてよかったですhappy01
対象外の方法で無理にFusion Drive化しているため今後いつ壊れるかはわかりませんが、とりあえずしっかりとTime Machineでバックアップを取りながら使ってみようと思いますnote
明日から冬コミに向け、前日から東京に行くため年内に増設できて安心しましたhappy02
また年明けにいろいろテストしてみようと思いますscissors

|

« SIMフリーの第四世代「iPad Retina」でXi(LTE)回線に接続☆ 追記 | トップページ | 2013年、今年もやります! 伊織日記お年玉プレゼント☆ #iorinikki »

Mac」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/48493299

この記事へのトラックバック一覧です: iMac 27inc(Mid2011)へSSDを追加してFusion Driveに☆ 追記:

« SIMフリーの第四世代「iPad Retina」でXi(LTE)回線に接続☆ 追記 | トップページ | 2013年、今年もやります! 伊織日記お年玉プレゼント☆ #iorinikki »