« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

iMac 27inc(Mid2011)へSSDを追加してFusion Driveに☆ 追記

Fusiondrive
新しいiMacの登場以降、買い換えてFusion Driveを選択するか現在のiMacにSSDを増設するかますます悩んでいましたが、先日ついに決断して増設する方向でVinatgeComputerさんにiMac 27インチ Mid2011用のHDDマウンタ(ネジ受けなし向け)を注文sign01
昨年の冬コミの時に店頭で購入したモデルなので結果は予想していましたが、一応ネジ受けの有無を確認するため分解してみるとやはりネジ受けはなしでしたcoldsweats01
ネジ受けなし用のマウンタはネジ受けの有無にかかわらずどちらのモデルにも利用できるのですが、ネジ受けあり用のマウンタはネジ受けありのモデルでしか利用できません。
今回は手元にあったクーポンと10%割引を利用して約1万4千円程で購入しましたyen

そして待つこと1週間弱sign01
やっと海外発送で商品が到着したので本日取り付けをしてみましたnote
当然ですが分解すると保証が無くなる可能性がありますし、難易度も高く壊れる可能性もあるため実行される場合は必ず自己責任で行なってくださいdanger
道具はヘックスローブドライバのT10・T6などが必須なので用意しておきましょう
happy01
私は他にもネジを入れておく皿やいつもネジが余ってしまうので長さの違うネジの場所をプリントした紙に凹凸をつけたネジ置きを作っておきましたsign01(下にはタオルを敷いて傷から保護しておくのがよさそうですhairsalon)

Img_0336

ちなみに今回利用したSSDはIntelのSSD 330 Series 120GBモデルを選択rock
ローエンドですが今回の増設は起動時間などがある程度早くなればいいのでコスト重視をすれば十分に良いと思いますshine

Img_0346

まずは下準備として届いたマウンタにSSDをネジで固定しておきます。
ディスプレイの取り外しなどは既にネジ受けの確認で分解しているので簡単だったのですが、問題は実際にそのマウンタを取り付ける時でしたsweat01
もともとついているスペーサーをマウンタに置き換えるのですが、この作業が一苦労sweat02
ロジックボードを外さなければ取り替えができないため、できるだけ手間を減らすようVinatgeComputerさんの協力店であるSpiricaさんのブログを参考に必要最低限の分解でロジックボードを浮かせる方法を取りました。
しかしこれがかなり難関でして、SATAコネクタの接続は一分ほどでできたのですが元々付いているスペーサーのネジがグラフィックボードに干渉してなかなか外せませんbearing
干渉することはわかっていたのですがここまで難しい位置とは思わず、実際このネジの付け外しだけで作業時間の大半を使ってしまいましたdown(実はコツさえ掴むの簡単にできるようになってしまったのですがcoldsweats01)

Img_0350

そこさえクリアすればSSDが本体内に綺麗収まりますscissors
後付したとは思えないくらいしっかりと収まっているので、組立も特に苦労なく戻すことができましたnotes
最後にガラスと液晶画面にホコリが入らないよう十分に注意しながらガラスパネルを戻して完成ですheart04

元通り配線も戻して早速電源をONにしてみると…ピーピーピーsign03
ビープ音が鳴り響いたので焦ってかなり悩んでしまったのですが、考えてみれば三回のビープ音はメモリーの不良だったことを思い出し再度挿入しなおしたら問題なく立ち上がるようになりましたbell

ここでSSDにシステムを移動させてやればBTOでSSD+HDDを選択したのと同じように利用できるのですが、今回ははじめに悩んでいた新しいiMacで選択できるFusion Driveにも挑戦してみましたup
実際のところ新しいiMacでもFusion Driveというハードが存在するのではなく、Core StorageによりSSD+HDDがひとつのドライブとして使えるようにソフト的に設定されています。(あくまでなんちゃってFusion Driveなので厳密にはApple純正Fusion Driveとは動作自体異なるため、実用したい場合にはちゃんと新しく買うことを推奨です)
簡単にいえばRAID0を組んでいるような感じなので、今回増設したSSDでも理論上使用することが可能なはずなのですpaper(この方法だとどちらかが破損すると致命的だったりするのでちょっと心配はありますがw)
ということで試行錯誤しながら設定しましたsign03

一番簡単なのはSSDとHDDのすべての領域を削除してFusion Drive化することなので今回はこの方法で挑戦ですgood(そのためBoot Camp領域は削除)
作業はリカバリーモードでターミナルを利用して設定するだけなので、コマンドの使い方がわかっていればそれほど難しくはないと思います。
設定が完了したらTime Machineから元のデータを復元してあげれば環境はそのまま引き継ぎが完了notes

20121227_220158

もう再起動後の速度からかなり早くなっていて非常に嬉しいですheart01
ドライブ情報を見てみると120GBのSSDと1TBのHDDを合わせた1.12TBが表示されているのでしっかりと一つのドライブとして認識されているようですsign01
ちなみにMac mini(Late 2012)などの純正Fusion Driveが選択可能なモデルでは「内蔵ディスク」ではなく「ハード・ドライブ+フラッシュストレージ」という表示になりますrock

まだ細かい速度などはチェックしていませんが、ひとまず高速化できてよかったですhappy01
対象外の方法で無理にFusion Drive化しているため今後いつ壊れるかはわかりませんが、とりあえずしっかりとTime Machineでバックアップを取りながら使ってみようと思いますnote
明日から冬コミに向け、前日から東京に行くため年内に増設できて安心しましたhappy02
また年明けにいろいろテストしてみようと思いますscissors

| | トラックバック (0)

SIMフリーの第四世代「iPad Retina」でXi(LTE)回線に接続☆ 追記

新しく記事にする程でもないかなと思いましたが、メールにて質問をいただきましたのでメモ代わりに残しておきますrock
第四世代にあたる「iPad Retina」は基本的な通信機能の仕様が私のチェックしたiPad miniと変わらないようなのでSIMフリー版ならdocomoのXi(LTE)が掴めるようになっているはずですshine
ただこれで多分Yesはつまらないですし、iPad miniにくらべるとあまりiPad RetinaでXiを利用しているという記事は見ないので実際に検証に行って来ましたrun

テストをさせてもらいに行ってきたのは知り合いのライターさんのところsign01
私より少し前にSIMフリーで輸入したのにWi-Fiのみで使っているという結構な変わり者ですhappy02(君だけには言われたくないとか言われそうですが…)

今回テストさせていただいたのはVerizon版のSIMフリーiPad Retina(4th)paper
時間もないのでどんどん昨日契約したdocomoのnanoSIMを挿入させていただき、iPad miniの時と同じ手順でXiを有効化up(APN設定用のプロファイルは前回メールでiPad miniに送ったので同じ物を使用)
自動的に再起動した後の結果は…

Img_0132

Xiをちゃんと掴めていますscissors
今度こそ何か試行錯誤が必要になるのではと、むしろちょっとだけ期待したりしたのですが何もなかったですねcoldsweats01
というわけでiPad Retinaもちゃんとdocomo Xiを掴んで使用可能なことがこの目で確認できましたnote
もちろん前回も書きましたがこれはあくまで私が試したものであり他の方が繋がるとは限りませんので、本体の輸入や設定をされる方は自己責任でお願いしますsign03
ちなみに現在iOS6.0.1では問題無いですが、この先ずっと可能なのかどうかもわかりませんのでその点も要注意danger

テストとは全く関係ないですが、やっぱりRetinaディスプレイは綺麗ですねheart04
最近家の新しいiPadも全然使っていないので改めてそう思いました。
また、それ以上に動作のサクサク感が増しているのがすごくよくわかりますdash
やはり外見は新しいiPadと同じでも中身は相当進化しているというのがわかって、それだけでも触らせてもらった甲斐がありましたgood
個体差なのかは不明ですが、回線速度テストもiPad Retinaのほうが速い数値が出ているのも気になりますhappy01

新しいiPadからは端子がわかっただけと割り切っていましたがちょっとだけ欲しくなったりもしてきましたねcoldsweats01
もし機会があれば日本のApple Online StoreiPad Retina Wi-Fi + Cellularモデルを買ってみようかなとも思っているので、SIMロックありでも問題はないですし発売が開始されたらそちらも検討してみようと思いますheart01

| | コメント (2) | トラックバック (1)

docomoのnanoSIM+SIMフリーiPad miniでXIを利用☆ 編集修正あり

今日になって昨日より更に寒くなって来ましたねsnow
さて、昨日から早速IIJmioのSIMでXi(LTE)を利用し始めたSIMフリーのiPad minisign01
すごくいい調子なのですが、やっぱり一ヶ月1GBの制限で一日約33MBほどしか使えないのはちょっとつらいかななんて考えながら原稿を書く仕事をしていましたrock
するとその資料を見ている時に気づいてしまったのですflair
私の現在の状態ならXiのデータ通信SIMを三千円台で持てるのではとsign03

20121202_191208

というわけで早速Xiを掴んでいるiPad miniを持ってドコモショップに行って参りましたrun
さすが日曜日だけあって一時間半待ちでしたが、予約番号を取っていれば店内にいなくても良いとのことだったので他の店などをぶらぶらして再びお店へcar
戻ったことを伝えるとすぐカウンターに案内され「iPad miniってSIMフリーだとXi使えたりするんですか?」などの質問もされながら、料金プランについていろいろ質問をしてみました
その中で出てきた「Xiデータプラン ライト」を私も自らある程度調べていたので「Xiデータプラン ライト割」が適応対象になるか聞いてみたところそもそもその割引の存在を知らないとの回答がsweat01
ということで一旦確認するとのことで更に待つこと十数分clock

その後しっかりと確認してくださりキャンペーン期間中は月額3,980円での運用が可能であることが確認できましたhappy02
【説明がわかりにくい為この部分編集済:2012/12/7】
しかし更に料金をできるだけ安く維持できるようにと色々と思案しまして、最終的には6ヶ月間を月額2,980円で利用できるようになりましたgood(これもかなり面倒な事をやりましたので料金プランに関する詳細は秘密でw)
PairGB SIM」はSIM2枚の2GB制限で月額2,970円だけど、これならSIMは1枚だけど3GB使えるじゃないですかsign02

Img_0478

というわけで即契約してしまいましたhappy01
端末はL-04Dが実質0円になるということなのでそれを選択phoneto(まぁ解約しても端末代17,640円なのでそれほど負担にはなりませんし多分期間中に解約はしません)
SIMはnanoSIMを選択したためこのままL-04Dには入れられませんが、保証外の方法としてアダプタをつければ問題なく使用できますnote
更にSIMフリー化していただいたので特にこのSIMでなくても通信規格さえ合っていればたいてい使えるので、今使っている古いモバイルルーターと置き換えて有効活用しようと思いますup(一度解除してしまうともうロックできませんが…と言われましたが再びロックしたい人もいるのだろうか?)

Img_0482

家に帰って前回同様「iPhone 構成ユーティリティ」でmoperaUのAPNプロファイルを作成paper
契約してきたnanoSIMと作成したAPNプロファイルを今までのIIJmioのものと入れ替えると、電源を入れ直すだけでXi(LTE)もすぐに掴むようになりましたshine
これで高速通信が使えるデータ量が3倍の3GBになったので、更に快適に使うことができるようになりそうですsign01

Img_0130

正直以前までのMNPでの高額キャッシュバックをやっていた時のようなお得というものではないですが、私的には比較的運用しやすい内容になっているなと思いましたyen

それにしても一部では「日本でもApple Online StoreならSIMフリーのiPad miniが入手できるかもしれない」「なので輸入は損になるかも」なんて話もありますが、それ以上に自分からどんどん無駄なことをしているような今日この頃ですcoldsweats01
ただ、前記事のIIJmioも含め今回もいろいろ準備してきましたが、それによっていろいろ検証ができるのは非常に楽しいので損をしたという感じませんねgood(そもそもこのIIJmioも解約するかは未定ですw)
ひとまず今日からはまた新たな環境になりましたので、どんどんいろんな状況を検証していこうと思いますsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SIMフリーiPad mini+MVNOのSIM「IIJmio」でXiを利用する☆ 追記あり

やっと到着したiPad miniをどう運用するか悩んでいたところIIJmioのモバイル通信SIMに、これまでの中間プランに位置する1,974円の「ライトスタートプラン」が12月1日からスタートするということなのでイオンでウェルカムパックを購入してきましたsign01
提供されるSIMは標準又はマイクロの二択なので、SIMフリーのiPhone5やiPad miniだとnanoSIMサイズに自分で何とかする必要があります。(もちろん公式サポート外なので自己責任で!)
前記した通りライトスタートプランの登録開始は本日12月1日の午前9時からですが、とりあえず挿入してみると問題なくドコモ回線を認識happy01
明日は出張の予定なので先にIIJmioのAPNも設定しておこうと「iPhone 構成ユーティリティ」を使いAPN設定用のプロファイルをインストールしておきましたphoneto

20121201_05908

ここでひとつ浮かんできたのが、Xi(LTE)は使えないのだろうかという疑問ですsign01
このライトスタートプランにははじめから毎月1GB分のクーポンが割り当てられ、その範囲であればdocomo Xiの高速通信を利用することができるようになっています。
ただし問題なのは端末がiPadなので設定などが一筋縄ではいかないところsweat01
Macお宝鑑定団Blogさんのサイトなど実際SIMフリーiPhone5で試されている方の情報を見るとdocomoが正式提供するSIMフリー用のnanoSIMでは比較的接続可能な場合が多いようですが、加工したSIMやIIJmiob-mobileのようなMVNOは利用できないという検証ページなども多くあったのでとりあえずFOMA回線が使えればいいかと半ば諦めgawk(もちろん利用できたという方の報告もいくつかありましたが成功状況もまちまち)

検索で記事を巡りながらまだやり方すら曖昧なままでしたがとにかくiTunesを起動してUSB接続のiPad miniを認識、概要タブでOptionキー(WinではShiftキー)を押しながら「アップデートを確認」をクリックして通常のアップデートではなくアップデートファイルが選択可能な状態にします。
続けて予め保存しておいた現在私のiPad miniに入っているのと同じバージョンにあたる「iPad2,7_6.0.1_10A8426_Restore.ipsw」のIPSWを選択しアップデートを開始しましたpc

あとは通常通りアップデートがスタートshine(実はJailbreakをしている私はこのアップデート機能を使うことはほとんどなく復元がメインw)
どうやら同バージョンの為いちいちすべてを書き換えているわけではないようで、数分で完了してホーム画面に戻ってきますpaper
ホーム画面に戻ってきたので、さてこの先は何をするんだったかなと画面を見たら…

Img_0118

LTEマークが表示されているではありませんかsign03
何度も試行錯誤が必要という情報がいくつもあったのでむしろ拍子抜けしてしまいましたcoldsweats02
ちなみに他のサイトに書かれていた「データローミング」をONにするという作業もしていないのでOFFのままです。
ちゃんと自動で3GとLTEの切り替えもできているようで、LTEエリアに入ると自動で再接続していますup
LTE表示のままでIIJmioの登録ページもアクセス可能なので接続もしっかりと確立している模様good
やはりこのアップデートを行った後にSIMやAPNから情報を再取得することでLTEも利用可能という認識にのでしょうかsweat01(SIMなしアップデートで成功例もあるらしいのですが…)
ちなみに今回APNはIIJmioで指定されているものを設定しているのでmoperaUのものでなければということではないようです。
APNの入力についても手動でAPNの項目に打ち込んでもLTE表示になりましたが、特に変更する予定がなければプロファイルを作成して登録してしまうのが簡単ではないかと思いますnotes

これがどういう理論で一発でつながるようになるのかなどは私にもあまり良くわかりませんが、やはり状況によってかなり差があるようですねcoldsweats01
もちろんこの手順はあくまで私が成功した例であり、同じ手順を試されたからといって他の方が接続可能になるかどうかはわかりませんので試される場合は完全自己責任でお願いしますdanger
また、前述通りどのようにしたら利用可能かなどの詳細が不明なためこの件に関する接続方法の質問などにもお応えいたしかねますのでご了承ください。

とにかく繋がるようになり一安心ですscissors
実際のIIJmio ライトスタートプランの利用登録が午前9時からなので、スピードテスト等はまだできていませんが開始になったら試してみようと思いますnote

追記
早速本日ライトスタートプランの契約が可能になったので、契約をして出張で持ち歩いてみましたsign01
実際公開されているXiとはかなり違った感じではありましたが、しっかりとLTEマークが表示されていますshine

Img_0128

速度的にも十分な結果が得られているのではないかと思いますnote
iPhone5で掴め内容だと話題になっていたFOMAプラスエリアの電波は、このiPad miniも掴むことはできず正直FOMA電波が弱いのではという場面もあったがそれを補うように意外な場所でもXiが掴めるので不便は感じませんでしたheart04(800MHz帯のXiには非対応)
ちなみに今日使った通信量はこんな感じにsign01

Original

基本的に毎月1GBのバンドルクーポンで運用したいので、一日出張でこのくらいなら普段はWi-Fiも利用するので十分可能ではないかと思いますcoldsweats01
まずはしばらくこれで運用していってみますsign03

追記2
翌12月2日にドコモショップにて別途公式nanoSIMでデータ通信カードを契約したため解約sign01

| | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »