« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

擬似Fusion Drive終了のお知らせ→開始のお知らせ?☆ 追記

もしかしたらいつかはあるかもとは思っていましたが、その時があまりにも早く来てしまいましたcoldsweats02
昨年末にiMacに組み込み、擬似Fusion Drive構成で標準搭載されていたHDDと一緒に使っていたSSDがなんともう認識不能になってしまいましたsweat01(他のマシンにつないでも認識せず)

今日もいつも通りiMacを起動させて作業を開始したのですが、なぜかログイン画面のところで「不明な問題によりシステムを正常に起動できません。再起動してください。」といった内容のエラーが表示されましたpc
しかし、その後「再起動」をクリックすると再起動せずにデスクトップに移行したので作業を継続rock
そして楽曲制作の作業をしながらしばらくすると、今度はアプリケーションメモリが足りないとの警告が表示されましたsign01


20130106_135229

※あとで調べてみようとたまたま撮っておいたスクリーンショット。

メインメモリーは16GB中まだ半分ほど空きがある状態ですし、擬似Fusion Drive側も仮想メモリーを用意するには十分な空きが存在していました
それでも足りないというのだからアプリケーションを落としてみようと開いているアプリを終了してみたのですが、この画面が何度も立ち上がってきてしまい最終的にフリーズsweat02
その後は電源を切って入れなおしてもグレー画面に禁止マークが出てOSは起動不能ですbearing

実際このSSDが破損した原因は全く不明なので、iMacと相性が悪かったのか似非FusionDriveを組んだことが関連しているか等は全く不明ですが、さすがにまだ設置して一週間ちょっとしか経っていないので結構ショックですdown
取り付け時にTime Capsuleへバックアップがあれば安心と言いましたが、やはり物理的破損があった時のダメージは結構あのますねcoldsweats01
今回のことで擬似Fusion Driveを試すために改めて重要だと思ったのは以下の二点danger

  1. Time Capsuleへのバックアップをしっかりと取る
  2. iMacのような簡単に取替できない内蔵SSDでのFusionDrive化は避けるのが無難かも

もう1は擬似Fusion Driveでなくても非常に重要ですので当然やっておくべきとは思いますgood
そして2も今回のようなことが起こると面倒だったりしますsweat01
私も実際つい先程までSSDを交換するために再びiMacを分解するという作業をしていました。
新型のMac miniやMac Proだと比較的容易に交換ができますが、iMacの場合は結構内部アクセスが面倒な場合が多いので新しい機種ならThunderboltで外付けをするなどするのが良いのではないでしょうかpaper(実は現状使っていたSSDだとThunderboltで外付しても速度的には大差ありませんでした)

なんとか予備に買っておいたSSDで復活することができましたので今度は…再び擬似FusionDriveを組んでみましたsign03
普通にSSDをメインてHDDをサブにするか悩みましたが、むしろ今回のことに再現性があるのかやその時点で何か対処ができたのかなどが気になってしまい再び環境を戻していますhappy01
さすがに次に同じような障害に出くわしたら通常通り分けて使うかもしれませんが
、色々と擬似Fusion Driveの作成方法などの情報も出てきているようですので実際に擬似Fusion Driveを試される場合には自己責任でも不測の事態へ十分な注意を払って使用されることをおすすめしますsign03
それでもこういうものには障害はつきものですから、いろいろ試しながら良い状態を作っていきましょうnote

追記
やっぱり常用マシンにはしっかりと標準Fusion DriveをBTO選択するのが良さそうですね☆
ちなみに当然このSSDには保証期間があるわけですが、保証書を見ると免責項に「不適切な利用や不正な操作によって生じた故障」とある。
このSSDをiMacに組み込んでFusion Driveに組み込んで使うことはどういう判断になるのだろうか?
特に高かった分けてはないので問題はないのですが、ちょっと気になったりもしますw

| | トラックバック (0)

iMac 27inc(Mid2011)に組み込んだSSDを擬似Fusion Drive用に再設定してみた☆

冬コミから帰って来ましたので、行く前ギリギリにiMac 27inc(Mid2011)へ組み込んだSSDの動作をチェックして自分用にまとめておきますsign01
ちなみにiMac 27inc(Mid2011)の分解・SSD増設は、しっかりと分解知識のある方かもう壊れてもいいという覚悟があるくらいでなければやらないのが無難かと思いますcoldsweats01(私は後者でした…)
いつものことですが、保証が無くなる可能性が高いので完全自己責任ですrock
ちなみに私はちょうど本日2013年1月2日で標準の保証が切れるため、Apple Careに加入するかで悩んだ結果の分解選択ですhappy02

前回も少し触れましたが今回は標準で搭載されていたSeagate製の1TB HDDにIntel SSD 330の120GBを増設しました。
せっかくなので各状況での読み書き速度を計測run

HDD=Write 89.2MB/s・Read 102.4MB/s
SSD=Write 201.1MB/s・Read 440.2MB/s
SSD+HDD(擬似Fusion Drive)=Write 192.6MB/s・Read 424.4MB/s

数字的にはローエンドのため結構低い数字ですが、体感速度的にはかなり早くなったことを実感できますshine
実際Read側は数字的にも十分な結果となっていることからもわかるように、OS起動やソフトの起動は相当早くなりましたgood
ちなみに冬コミの時に店頭で公式のFusion Driveを搭載した新しいiMacで動作チェックをしたところ、Write 358.2MB/s・Read 422.9MB/sとなっていましたのでこれも価格を考えればまずまずではないでしょうかcoldsweats01

ちなみに擬似Fusion DriveについてはCore StorageでLVGを作成しているだけなので、実際に純正のFusion Driveのような"よく使うファイルをSSDに配置する"等の機能は動作していない気がしますbearing
まぁそれはあくまで憶測ですがアクセスを監視しているとちゃんとSSDにもHDDにも読み書きが発生しているので、しばらく使用してみてどのような使用感になるのか試してみたいですねsign03
ちなみにこのFusion Driveを自作する場合にもターミナルでのコマンドライン操作を必要とするため、iMacの分解同様に初心者は手を出さないのが無難ですdanger
ハード的には壊れないかもしれませんが、擬似Fusion Drive領域にはGUIのディスクユーティリティが使えないため構成を戻すためにも知識が必要になりそうです。
実際に挑戦される方はよく情報を収集して自分にできるのかどうかをチェックしたほうが良いかもしれませんsweat01

ここまで使ったまとめとしては、実用性を求めるのであればケチったりせずに新しいiMacやMac miniをBTOでFusion Drive選択して注文するのがいいことは確実かと思いますsign03
ただ、実際にやってみるとやっぱりこういう作業は楽しいのでいいですねheart04
実際Fusion Driveのような動作をしているかはかなり微妙なところですが、なんといっても二万弱でこの構成ができるのはわりと良いのではないかと思いますhappy01
まだ使い始めたばかりなので今後どのような動作をするようになるのか注目していきますnote

あわせて今年はちゃんとした純正Fusion Driveを搭載したMacの購入も目標にしたいと思いますsign03

| | トラックバック (0)

2013年、今年もやります! 伊織日記お年玉プレゼント☆ #iorinikki

新年明けましておめでとうございますfuji
2013年、今年も伊織日記をどうぞよろしくお願いしますconfident

というわけで毎年お馴染みのお年玉企画を今年もやらせて頂きますsign01
私のTwitterアカウントをフォローして今年の目標をつぶやいてくださいnotes
つぶやいて下さった方の中から抽選で3名様にAmazonギフトカード1,000円分をプレゼントnote
詳細な応募条件は以下の通りなりますのでお読みくださいhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
プレゼント内容 Amazonギフトカード1,000円分 3名様
応募方法:Twitterにて「@IoriMomozono」をフォローし、こちらのつぶやきフォームから今年の目標をツイートしてください(通常ツイートでもOKですが必ず#iorinikkiのタグは入れてください)
応募期間:抽選は終了しました
抽選:締め切り後抽選を行い、当選者の方へDM連絡をもって発表と代えさせていただきます
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

DMでの連絡となりますので、4日の時点でフォローが外れている場合には当選されていも再抽選となってしまいますのでご注意ください。(4日以降はフォローを外していただいても問題ありません)
皆様からのご応募お待ちしておりますheart04

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »