« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

Glassを頂きました☆ 追記

突然ですが、なんとあのGlass(Google Glass)を頂きましたsign03
正直なところそれほど注目していなかったのであまり詳細は知らなかったりするのですが、現時点では米国在住の方のみが購入可能となっているExplorer Edition(ベータプロトタイプ的なもの)というものだそうです。

Img_3834

カラーバリエーションも用意されておりチャコールやグレーの落ち着いた色のほか、ホワイトやオレンジ・ブルーといった鮮やかな色を加えた全5色が用意されているようですねshine
今回頂いたのはそんな色の中からチャコールですnote
一日限定販売の時にはホワイトが一番に完売だったそうですが、くれた方によると今回の期限なし在庫販売ではチャコールが一番初めに完売なんだそうです。
こちらに関連しそうな記事があったので追記。
オプション品なども売られているようですが、あまり詳しいことは調べていないので省略しますw(頂いた中にあるサングラスパーツもオプションかな?)

Img_3839

現状日本国内で通常利用しようとすると技適関連が面倒なので、残念ではありますが売却が有力候補ですかねpaper(持っているのは問題ありませんが単なるアクセサリにするわけにもいきませんのでw)

とりあえずこういうものが手元に来たという報告でしたheart04

追記

そのまま売却してしまおうかとも考えましたが、せっかくなのでしばらく手元において遊べるようにしてみました。
起動時から技適問題があるのでそのまま開始するわけにはいかず、シールドルームの利用申請をして内部にて初期設定building
一番の問題点としてGLASSには機内モード(Wi-Fi・Bluetoothをオフにするトグル)がないので、自らトグルを追加して電波暗室外への持ち出しを可能な状態にしてきましたsign01

Bpgsvfcuaa_6yi

既に日本でも先人の方が機内モードトグルの実装を行われており設定アプリも配布されておりましたが、残念ながら私の手元に来たGLASSとはOSバージョンの関係で利用はできないようなので海外サイトのソース等を参考に作ってみました。
OS自体は単なるAndroidなのでそこはかなり助かるところですねcoldsweats01
ただしこういうことをして壊れたら本当に単なるアクセサリになりますのでその辺りも自己責任でpaper(正式トグルがないためそもそも表示は消えないのか、検出可能を示す文字だけは残っていますがちゃんとBTもOffになっています。)

Bphcr4qcuaapslm

ひとまずこれで無線機からの電波射出はなくなったので日本国内でも電源を入れられるようになりました。
まぁ上記の画像の通りネットワーク接続ができないと警告が出て正直ほぼ意味が無いようなものですが、カメラなどの機能はそのまま使えるので少しでも感覚がつかめたらと思いますgood
Androidなので自由度も大きいですし、近々microUSBを用いた有線ネットワークについても検討したいですねsign01(それだともう正直GLASSとしての意味は…w)

| | トラックバック (0)

ついに日本でもiTunes Matchが提供開始に☆ 追記

Appleが提供する音楽クラウドサービス"iTunes Match"が本日5月2日からついに日本でも利用可能になりましたsign01
米国等では既に2011年11月から正式に提供開始となっていましたが、日本国内では権利関連の問題等で本日まで提供されていませんでした。
利用には年間登録料3,980円(日本のStore価格)の支払いが必要で、最大25,000曲の楽曲を同期し最大10個のデバイスからアクセスすることが可能になりますnote

20140502_131718

iTunes Matchには通常の音楽クラウドサービスとは異なった機能もあり、その中でも一番注目したいのがマッチング機能sign01
過去に取り込んだ古い楽曲の中には容量の関係などでどうしても低ビットレートで取り込んだものが存在したりしますが、このマッチング機能ではiTunes Storerで販売中の楽曲と一致するものを探し、一致した場合にはiTunes Plus 256kbpsでダウンロード可能な状態にしてくれますgood(楽曲データはDRMフリーなので後の操作も自由。)
もちろん楽曲はクラウドにアップロードされるのでインターネットに接続可能な状態であればPC/Macはもちろん、iOS5以降の搭載されたiPhoneやiPadで外出先からアクセスすることもできます。
価格も手頃ですし日本でのiTunes Match提供開始により、外出先で音楽を楽しむ方法がまた増えそうですねup

というわけで、実際にiTunes Matchを使ってみたいと思いますhappy01
既に自前サーバーで音楽管理はしていますがせっかく日本でのサービスインなので、とりあえず試してみましょうw
海外版を一度チェックしたことはあるのですが常用したことはないので、普段使っている曲数の少ないライブラリを設定してみようと思います。
わかりにくい文章になりますが、一応参考までに残しておきますcoldsweats01

20140502_93641

まずは登録のためにiTunes Storeから年間登録をしてみたのですが何も起こりませんsweat01
よ〜く探してみるとメニューバーのStoreの中に"iTunes Matchをオン"の項目があったので、クリックしてiTunes Matchを開始しますsign01
はじめからこの項目が表示されていればメニューバーからでOKのようですが、Store内から直接登録した場合にも説明は欲しいところですねsweat02

20140502_102750

あとの処理はiTunesが自動で行い、曲数によってアップロードに結構時間もかかるので適当に歌でも唄って待っていましょうcoldsweats01
ちなみに後に新しい曲を追加した場合には、自動アップロードを待つかメニューバーから手動でアップロードを開始できます。

20140502_125617

アップロード完了の画面に切り替われば準備は完了ですnotes
アップロード中に一度進行が停止しましたが、あまり長く止まっている場合は一度iTunesを再起動すると良いようです。

このクラウドのライブラリは他のiTunesからも同じApple IDでログインすることで利用可能になります。
iOS搭載のデバイスからも同じApple IDでログイン後に、設定→ミュージックから"iTunes Match"の項目をオンにすることで利用できますscissors

Img_3052

オンにするとデバイス内のライブラリが置き換わるという確認メッセージが表示されます。
問題がなければ"オンにする"をタップしましょうnote
また、"全ミュージックを表示"がオフの場合にはミュージック上でダウンロードが完了している曲のみが表示されるので、通常はオンにしておくのがよいと思いますgood
これで設定を行ったiOSデバイスでのiTunes Match使用準備は完了ですheart04

Img_3055

早速ミュージックアプリを開くと、同期が完了している楽曲が順次表示されていきますnote
まだダウンロードが完了していない曲にはクラウドマークが付き、再生したい場合は曲名をタップすることでストリーミング再生、クラウドマークをタップするとダウンロードが開始されます。
ダウンロード済み楽曲はスワイプ操作で削除することも可能bleah(もちろん再ダウンロードも可。)

Img_3056

必要に応じてダウンロードができるので、ストレージ容量が少ないiOS搭載デバイスを使っている場合にも便利そうですねrock
注意が必要なのはiPhone等でキャリアネットワークを利用してダウンロード・再生する場合には7GB制限等の対象になる可能性があるので注意しましょうdanger
ダウンロードの状況によってはバッテリー消費なども影響しそうなので、しばらく使って動向をチェックしてみたいと思いますheart01

追記
iTunes Matchの年間登録について追記しておきます。

20140502_140933
年間登録が完了すると登録されているメールアドレスに、このような登録確認メールが届きましたsign01
その内容によるとiTunes Matchは自動更新となっており、一年で使用を停止したい場合は期間終了の24時間前までに自動更新をオフにする必要があるとのこと。

20140502_142010

実際にアカウント情報をチェックしてみるとiTunes in the Cloudの項目にiTunes Matchの自動更新オン・オフボタンがありますgood
このボタンはクリックするだけで簡単に切り替えが可能で、オフにしたからといって現時点でのiTunes Match利用には特に関係はありません。
とりあえず使ってみたいけど来年更新するかどうかは後で決めたいという方は、いちどこの項目をオフにしておくと安心かもしれませんflair

Photo

ちなみに同じApple IDであれば一度登録しているiTunes Matchに再課金してしまうことはないので、新しいiTunesに設定したい場合も新規と同じ操作から登録が可能ですshine(Apple IDが別物でないかは十分お確かめください)

| | トラックバック (0)

iPhoneアプリ版「しゃべってコンシェル」がキャラ購入に対応☆

Img_3046
NTTドコモが提供するしゃべってコンシェルのiPhone版アプリが、本日1.4.3にアップデートされキャラクター追加が可能になっていますsign01
キャラクターは無料・有料のものからダウンロードが可能となっており、有料のものに関してはアプリ内課金としてiTunes Storeのアカウントで決済することが出来ますheart04
現時点では月額はなく1コンテンツごとの買い切りとなっているため、ドコモのAndroid等にプリインストールされているバージョンのキャラクター購入とは異なった内容になっています。
現在カゲロウプロジェクトの「エネ」も期間限定で無料配信中ですので、ぜひダウンロードしてみてくださいshine

Img_3045

ちなみに私はミス・モノクロームにしましたw
以前からキャラクターがある方が好きなのでシステムに依存しない部分は、Siriよりしゃべってコンシェルのアプリを使っていますhappy01

| | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »