« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

Google Glassの視界はどんな感じ?☆ 追記

Google Glass(以下、Glass)が技適を通過し日本でもエクスプローラプログラムが開始されるのではないかという期待も高まっているようですねsign01
秋葉原のドスパラ パーツ館では電磁シールドルームを設置して試用ができるブースを設けるなど注目が集まっています。

周りの知り合いでも試着してみたよという人が何人かいますが、その反応はまちまちなようで…coldsweats01
話を聞いてみるとどうやらGoogleが過去に公開してたコンセプトムービーのイメージがあるようで、実際の風景にARとして情報が重なるようなものを想像していたみたいです(笑)


Google"Project Glass"コンセプトムービー

確かにこのように視界へ大きく入ってきてくれたら良いですが、今回のGlassはどちらかといえばいつでも見れるディスプレイと言ったイメージだと思いますpaper(ARには違いないですがやはりそういったのをイメージしているとギャップは大きいかもしれませんね…^^;)
プリズム内を覗いて8フィート(約2.4メートル)先に25インチ相当の画面があるといった感じになるので、情報表示という意味では十分ですが画面を通して空間に情報を重ねるという使い方は厳しい気がしますsweat01

12058a8e7a9f438cada3ead08000083a

Glassで撮影された写真にはピネット効果で右上に画面が見えているような表現があったりしますが、これともちょっと異なる感じがしますねcamera(画面を見ている時の表現的には近いものはありますがw)
そもそもGlassをかけていても普段はプリズムを通さずにそのまま周りを見ることになります。
あくまで私的なイメージにはなりますが、通常視界とGlass利用時の範囲関係はこんな感じnote

Photo

普段前を見ている状態はだいたい赤枠内が見えている形となり画面が見えることはほとんどありませんので、プリズムや枠によって視界が極端に悪くなったという印象はあまり受けませんgood普段は気になりませんが、やはり斜め上を見たりするとやはり気にはなりました。(実際はプリズムの関係上、画面上部がちらっと見えたりします。)
画面を見るためには緑枠内に目線を上げる必要があるため、内容を確認する際には多少上目遣いですhappy01
もう一つ重要なのはグレーの半透明で表現してあるプリズムに対し、表示可能領域は緑枠内のみになるという点sign01
ここが思っていたよりも距離感があり表示サイズも小さめといった印象を受けるところなんだと思いますsweat01(私は十年ほど前に単眼グラスマウントディスプレイを使っていたことがあるのでこんなもんかなという印象でしたが…w)

実際この距離感は数字や図解で見てもなかなかわかり難いところだと思いますので、技適も通ったことですし技適マークの表示によりいろいろな所で実際に体験できるようになるといいですねheart04

※あくまで私的な感想であり着用者によって視界等は変化します。


追記
ヘッドウェイクをONにしていると設定角度によっては正面視界を見ている間に、勝手にディスプレイがONになってしまう場合がありますsweat01

20140617_95524

初期設定で30°という極端な角度が設定されていたので何故だろうと思いましたが、しばらく使っていると納得ですear
ただ、どうしても30°だと相当上を見ないと立ち上がってこないためいろいろ試して私は25°に妥協していますhappy01(ここもサードパーティアプリで日本語表示にはできますが、まだ"オーケー、グラス"以降の日本語コマンドには反応しないので英語のままにしています。)

実際にプリズムを覗く時と、視界から外す時の兼ね合いも見る必要がありそうですねsign01

使用時左目サンプル - 追加
Bqask3lcyaagfrz

表示可能枠最大での動画再生。
カメラの関係でプリズムが白く光って見えづらいですが、実際にはもう少し奥側が透過して見えます。

※あくまで主観であり使用者や状態によって見え方は大きく異なります。

| | トラックバック (2)

Google Glassが技適通過! 日本でエクスプローラプログラム開始の可能性は…☆

以前にGoogle glassがJATE認証を通過したことが話題になりましたが、総務省の技術基準適合証明又は工事設計認証を2014年4月に通過した機器が公示され、その中に第二世代Google glass Explorer Edition(EX-C)が含まれていることが確認されましたsign01

D

Glass(Model:AVT-5 and XE-C)※2014年4月9日付、UL Japan
種別は第2条第19号に規定する特定無線設備なので、Wi-Fi・Bluetoothについて。
これで技適マークの表示準備が整ったことになりますので、あとはソフトウエアのアップデートにより技適マークの電磁的表示が行われれば日本国内での無線機能利用が可能となりそうですhappy01

日本でのエクスプローラプログラム開始(Google glass Explorer Editionの販売)にも期待が集まりますが、過去にも技適を取得したが配布用や開発用で販売には至らなかった端末等がありますから、そちらはもう少し様子見になりそうですねheart04
しかしアメリカでエクスプローラプログラムの在庫限り一般開放が開始されたのを在庫処分と見る意見もある中で、同型番のEX-Cを日本投入というのはどこか不自然な気がしないでもないのであまり過度な期待は禁物かもしれませんsweat01(かといって個人的にはそのままこのモデルが市販版になるというレベルとは思えないので…^^;)
何かあるとすれば今月末のGoogle I/O 2014辺りで動きがあればと予想。

20140608_105517

私も頂いたGoogle glassをシールドルーム内で無線機無効化処理して所有していますが、今後のソフトウエアアップデートで認証の項目に技適マークが表示されればWi−FiやBluetoothが使えるようになるのでそれまではもうしばらく無線機停止のまま待ちますpaper(無線機停止状態でもUSB経由でそれなりに加工をしているのでローカルで使えてはいますがw)
アップデートが来た際に合法的にアップデートするには、結局公式からROM焼きすることになりそうですねcoldsweats01
今後のGoogleの動きに注目ですup

Img_4025

現在はせっかくなので無線機を停止していることがわかるようにシールを貼っておきました(笑)
文字だけだと寂しいかと思いリン・レンを貼り付けたら、意図せず痛Google Glassみたいになっちゃいましたが…coldsweats01
髪が長い間は隠れちゃうのであまり目立たなそうですねnote

| | トラックバック (0)

コアファイルで起動ディスクがいっぱいに!? ひとまず問題を回避☆

先日Mac Proを使っていたところ、突然「お使いの起動ディスクはほとんど一杯です」のメッセージがsign01
MacBook (White)を使っていた頃にはたまに目にすることもあったので別にはじめてというわけではないのですがどうも腑に落ちません。。

20140603_01643

メッセージが出たのは普段仕事で使っているMac Propc
起動ディスク2TB・データ用ディスク4TBで構成しており、まして作業データ等は基本的にデータ用に移すのでいっぱいになっているというのは考えにくいのですsweat01
何があったのかと「このMacについて」からストレージの項目をチェックすると、起動ディスクが真っ黄色ではありませんかsign02
しかも黄色はその他のデータなので何のファイルなのかここからはわかりませんbearing
今回はとりあえず解決できたようなのでメモ代わりに起こしておきますflair

実際にHDD内のデータチェックとネットの情報を探しながら確認していくと一つ怪しい物が見つかりました。
それがウイルス対策に入れてあるウイルスバスター for Macrock
契約しているプロバイダから月額版ウイルスバスターがセット提供されており、Win・Macで3台までのライセンスがあるためせっかくなのでインストールしています。

20140603_213007

どうもそんなシステムを守ってくれているウイルスバスターが異様なコアダンプを行っているらしいsign01(逆にユーザー領域等には特に怪しい大容量ファイル等は無し)
というわけで実態をチェックすべく起動ディスク内で隠しフォルダとなっているcoresにアクセスしてみると、やはり異様な数の
コアファイルが生成されていましたcoldsweats02
コアファイルなのでターミナルから全て削除してしまえば容量的な問題は解決ですが、何故こんな状態になっているのかを調べないとまたいつかいっぱいになってしまうことになりますsweat02
更に調べていくこと数分、どうやらこの
コアファイルはウイルスバスターと同時に入ってきた"TrendMicroツールバー"が原因となっている場合があるとのことpaper

20140603_212939

対処方法としてはアドオン一覧等からTrendMicroツールバーを無効化してしまえば
異様なコアダンプはなくなるようなので、無効化したまま数日間様子を見てみましたup(実際TrendMicroツールバーを無効にしても改善しないという報告もあるようです)
私な場合はこれにより見事改善sign03
一日に数十個程度作成されていた
コアファイルは作成されなくなりましたnote

ここで注意しなけでばならないのはインストールされているブラウザdanger
複数のブラウザを使い分けていると各ブラウザにそれぞれ
TrendMicroツールバーがインストールされていたりするので、全てで無効にしておくのがよいと思います。
ウイルスバスター for Macを最新状態にしていても作成されるので、何らかの問題があるのかもしれませんが詳細については不明ですcoldsweats01

とりあえずは問題が解決したので良かったですが、もうしばらくは様子を見てみようと思いますgood
システム領域が2TBだとコアファイルがたくさん作成されたからといってなかなかいっぱいにはならないですがMacBook Air 128GBモデルなどではストレージをやりくりしなければならない場合も多いと思いますので、あまりその他のファイルが増えている時にはちょっと疑ってみると良いかもしれませんheart04 

| | トラックバック (0)

CopyTrans AppsでアプリもiTunesを使わずに管理☆

iTunesなしでiPhone/iPodの音楽やビデオの管理ができるCopyTrans Managerは既に当ブログでもおなじみですが、今回はなんとiTunesなしでアプリの管理が可能となるCopyTrans Appsが仲間入りsign01

Copytransappslogotransparent

これまでiOS搭載デバイス単体でのアプリインストールはできても、バックアップは通常どうしてもiTunesかiCloudに頼ることになっていましたbearing
まして、バックアップがどのように取られているのかを明確に確認できないのが非常にネックなところ。

Copytransappsartworkjp

でもこのCopyTrans Appsがあればアプリの追加・削除はもちろん、アプリ利用により生成されたファイルのバックアップ等これまでiTunesがなければ出来なかったことを簡単に行うことが出来ますhappy01(機能の詳細かコチラでチェック)
更にアプリごとにバックアップが作成できるので、iTunesのバックアップとは異なり必要なアプリのバックアップだけをリストアすることも可能shine
iPhoneとiPadで同じ設定を使いたい場合などにも非常に便利に利用することが出来ますgood

Copytransappsbackupiphoneapps

このCopyTrans Appsは2014年5月31日現在、ベータ版を無料で試すことが出来ますheart04(日本語版は近日公開予定)

既にiTunesで同期しているアプリのバックアップも利用できるので、興味のある方は是非試してみてくださいねnote

| | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »