« CopyTrans AppsでアプリもiTunesを使わずに管理☆ | トップページ | Google Glassが技適通過! 日本でエクスプローラプログラム開始の可能性は…☆ »

コアファイルで起動ディスクがいっぱいに!? ひとまず問題を回避☆

先日Mac Proを使っていたところ、突然「お使いの起動ディスクはほとんど一杯です」のメッセージがsign01
MacBook (White)を使っていた頃にはたまに目にすることもあったので別にはじめてというわけではないのですがどうも腑に落ちません。。

20140603_01643

メッセージが出たのは普段仕事で使っているMac Propc
起動ディスク2TB・データ用ディスク4TBで構成しており、まして作業データ等は基本的にデータ用に移すのでいっぱいになっているというのは考えにくいのですsweat01
何があったのかと「このMacについて」からストレージの項目をチェックすると、起動ディスクが真っ黄色ではありませんかsign02
しかも黄色はその他のデータなので何のファイルなのかここからはわかりませんbearing
今回はとりあえず解決できたようなのでメモ代わりに起こしておきますflair

実際にHDD内のデータチェックとネットの情報を探しながら確認していくと一つ怪しい物が見つかりました。
それがウイルス対策に入れてあるウイルスバスター for Macrock
契約しているプロバイダから月額版ウイルスバスターがセット提供されており、Win・Macで3台までのライセンスがあるためせっかくなのでインストールしています。

20140603_213007

どうもそんなシステムを守ってくれているウイルスバスターが異様なコアダンプを行っているらしいsign01(逆にユーザー領域等には特に怪しい大容量ファイル等は無し)
というわけで実態をチェックすべく起動ディスク内で隠しフォルダとなっているcoresにアクセスしてみると、やはり異様な数の
コアファイルが生成されていましたcoldsweats02
コアファイルなのでターミナルから全て削除してしまえば容量的な問題は解決ですが、何故こんな状態になっているのかを調べないとまたいつかいっぱいになってしまうことになりますsweat02
更に調べていくこと数分、どうやらこの
コアファイルはウイルスバスターと同時に入ってきた"TrendMicroツールバー"が原因となっている場合があるとのことpaper

20140603_212939

対処方法としてはアドオン一覧等からTrendMicroツールバーを無効化してしまえば
異様なコアダンプはなくなるようなので、無効化したまま数日間様子を見てみましたup(実際TrendMicroツールバーを無効にしても改善しないという報告もあるようです)
私な場合はこれにより見事改善sign03
一日に数十個程度作成されていた
コアファイルは作成されなくなりましたnote

ここで注意しなけでばならないのはインストールされているブラウザdanger
複数のブラウザを使い分けていると各ブラウザにそれぞれ
TrendMicroツールバーがインストールされていたりするので、全てで無効にしておくのがよいと思います。
ウイルスバスター for Macを最新状態にしていても作成されるので、何らかの問題があるのかもしれませんが詳細については不明ですcoldsweats01

とりあえずは問題が解決したので良かったですが、もうしばらくは様子を見てみようと思いますgood
システム領域が2TBだとコアファイルがたくさん作成されたからといってなかなかいっぱいにはならないですがMacBook Air 128GBモデルなどではストレージをやりくりしなければならない場合も多いと思いますので、あまりその他のファイルが増えている時にはちょっと疑ってみると良いかもしれませんheart04 

|

« CopyTrans AppsでアプリもiTunesを使わずに管理☆ | トップページ | Google Glassが技適通過! 日本でエクスプローラプログラム開始の可能性は…☆ »

Mac」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/56260889

この記事へのトラックバック一覧です: コアファイルで起動ディスクがいっぱいに!? ひとまず問題を回避☆:

« CopyTrans AppsでアプリもiTunesを使わずに管理☆ | トップページ | Google Glassが技適通過! 日本でエクスプローラプログラム開始の可能性は…☆ »