« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

CopyTrans、海の日サマーセールを実施☆

Summersaleartworkmedium

iTunes代替ソフトでお馴染みのWindSolutionsさんが、3日間限定で海の日サマーセールを実施するそうですsign01

■3日間の海の日サマーセール■
http://www.copytrans.jp/purchase.php

※セール会場は上記のオンラインストアのみとなりますのでご注意ください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
日時:2014年7月19日から21日の3日間
割引対象ソフト:CopyTrans4パック - CopyTrans・CopyTrans Contacts・CopyTrans Photo・CopyTrans TuneSwift
価格:4本セットで3980円のところ、CopyTransの値段2680円にてご提供!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


この4つのソフトがあればiPhone⇔PC間の音楽・写真等の管理はもちろん、連絡先やiTunesライブラリのバックアップも行うことができますup

バックアップをしっかりと確保しておきたい方はもちろん、夏のボーナスでPCを買い替えて楽曲ライブラリ等の移行を考えている方sign01
他にもiOS7.1.xで再脱獄前に個人データのバックアップをとっておきたい方などにもとてもお得なセールとなっていますyen

是非この機会に購入されてみてはいかがでしょうかheart04

| | トラックバック (0)

さよならGoogle Glass…☆ 追記

Google Glassをもらってから約一ヶ月半程経ちましたが、やっぱり壊れてしまいましたsweat01
エクスプローラプログラムが提供されている米国では既に多くの情報が上がっており日本でもちらほらと情報を見かけましたが、やはり私のGlassでもプリズム部に空気の泡が発生しミラーフィルムが自然に剥がれてしまいましたwobbly
更に剥がれたミラーフィルムが専用ヘース内で擦れて破れてしまったため、電源は入り画面も映りますが光が入ってしまい映像が暗めですdown(映像の欠けは見られません)

S__3530757

この問題自体はGoogleも把握しているようですが、先日発表があったRAM-2GBの新型モデルでもこの部分は特に変更はない模様。。
他にも自動アップデートにより起動不能になったり充電ができなくなる不具合も多発しているようで、あの堀江貴文氏のGlassも問題発生中なのだとかsign03
通常こうなってしまうとGoogleに郵送するなどして交換を依頼することになりますmailto

が、現時点で日本ではGlassのエクスプローラプログラムが提供されていませんので直接交換サポートを受けることは出来ませんpaper
交換できる可能性があるのは購入及び輸入を代行した業者がアフターサポートサービスを提供してくれる場合か、米国・英国に交換を手伝ってくれる知り合いがいる場合くらいでしょうかcoldsweats01(故障Glassの引取及び交換Glassの受取先が米・英国内であることが必要な為)
逆にオークションなどで購入した場合は規約や元購入者情報情報の関係で非常に難易度が上がることもあるようですsign01

私の場合は貰い物ですが、やはり個人で交換サポートを受けることは困難sweat01(GoogleのGlassサポートとも話はしましたが…)
本当はくれた本人に交換作業の代行を依頼するのが情報もわかっていて楽ではありますが、ちょっとそう簡単に頼める状況ではありません。

というわけで、今回はあまり面倒なことは考えず修復を断念することにしましたsign03
他にも方法はあるかも知れませんが、どちらにせよ難易度は高いものになると思いますcoldsweats01
まして輸入物になりますから、そういう時は諦めも肝心ですgood(そもそもこうなる可能性があることがわかっていたのに最初に売却しなかったのは自分ですからw)

Img_4787

とりあえず元箱に格納しておきましたrock
サンプルとしてこのまま保管しておくか、機会があればジャンク扱いで売却してしまうかですねup(何件か見積もりをとったところジャンクだが画面が見えるので4万円程度とのこと)
シールドルームで電源を入れ無線機能を切ったままにしていましたが、ついに技適マークが入る前に役目を終えることとなってしまいました(笑)
いつかこういった問題の改善された一般製品版で再び会えることを楽しみにしたいと思いますnote

Google Glass、短い間だったけど楽しませてくれてありがとう…heart04

→Google Glassが復活しましたsign01

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »