« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

CopyTrans AppsでクリーンなiPhone環境を体験☆

以前当ブログでも紹介しましたCopyTrans Appsベータ版sign01
iPhone・iPadのアプリをiTunesなしで管理できる便利なソフトで、アプリのインストールやアプリごとのバックアップも簡単に行うことが出来ますnote
今回はそんなCopyTrans Appsの使い方を見てみましょう。

2

●アプリデータをバックアップ●
アプリのバックアップは必要なアプリを1つ以上選択して"アプリをバックアップ"から書き出すだけheart04
面倒なデータの確認等は必要なくiTunesのアプリ管理のような感覚です。

1

保存先を選択すれば自動で書き出してくれます。
書き出しはIPAファイルとなるので整理や扱いも簡単happy02
ボタンも少ないので操作に迷うことはないでしょうgood

●バックアップからリストア●

3

バックアップからの復元ももちろん簡単ですup
インストール対象のデバイスを選択した状態で"アプリをインストール"から先ほどバックアップしたIPAを選択してインストールすると、データが引き継がれた状態でアプリがインストールされますshine
iCloudなどを使った同期と違いバックアップを取った時点そのまま状態を保つことができるので、バックアップ目的や他のデバイスでも同じ状態のアプリを利用したい場合にもピッタリsign01
また、IPAファイルなのでバックアップファイルに日付を明記して管理するなんてことも簡単に行うことが出来ます。
ゲームなどで大切なセーブデータを保管したい方等は是非活用してみましょうhappy01

●新機能でiPhoneの動作を快適に●
そしてこの度新たに実装されたのが「クリーンアップ機能」sign03
iOS上でもアプリを利用するとキャッシュファイル等が生成されますsweat01
アプリが増えてくれば不必要なファイルも増えてくるため動作が遅くなったりアプリが落ちたりする原因にもなりますが、通常ではこれらのファイルを手動整理する方法がありません。
CopyTrans Appsの新機能「クリーンアップ機能」はそんな問題を数クリックで解決することが出来ますscissors

8

クリーンアップに必要な手順はほんの数ステップup
"クリーナー"タブに移動してスキャンを開始すると、どのくらいのキャッシュファイル等がたまっているかをチェックしてくれます。

9

スキャンが完了すると削除する不要項目の選択画面になります。
ここで各ファイルの容量が表示されるのですが、私のiPhoneでも思った以上にキャッシュファイルが溜まっていましたcoldsweats01(今回はその効果を見るために長く整理せず使っているiPhone5でテストしています。)
ここで削除したい項目にチェックしてクリーンアップを開始rock

11

あとは自動的にクリーンアップを行ってくれますので、完了画面が表示されるまで待ちましょう。
完了画面が表示されれば作業は終了ですgood

不要なキャッシュを削除することで動作も軽くなり、空き容量を増やすことにも役立ちますnote
定期的に使用することでいつでも快適な状態を維持できますので、iPhoneをそのまま長く使っている方などは試してみてはいかがでしょうかheart04
ベータ版の現時点では無料提供となっておりますので、是非効果を試してみてはいかがでしょうかhappy02

| | トラックバック (0)

いま、ふたたびのGoogle Glass☆

ちょうど一ヶ月前に壊れてしまったGoogle Glassがなんと復活しましたsign01
前回のミラーフィルムが剥がれたという記事を書いた時点でGoogleのサポートから、本人購入でなくギフトの場合は元の購入者の情報や所有権譲渡の同意が必要だという説明を受け交換は諦めdown

Img_3621

既にGlassを押入れに閉まっていたのですが、数日後に再びサポートから「日本は我々の今後のサポート予定に含まれない。 出来る限りサポートしたい。」というような内容の英文メールが何通か届きましたmailto
結果的にはサポートからの質問や書類提出にこちらが答えるという形で作業し、サポートが元の購入者に名義変更に関する確認を行ってくれるという形で手続き完了good
サポート自体が米国・英国でしか行われていないので、交換品Glassの受け取りと故障したGlassの発送は米国内で行う必要があったのですが、これもいろいろアドバイスを貰ってクリア出来ましたshine

Img_5146

ここからは非常に早く交換品Glassは2日で米国内の住所に到着、同じ場所から故障したGlassを返送して交換完了sign01
あとは交換品のGlassを日本に輸送してすべての作業が完了となりますheart04

Img_5165

そして届いたのがこちらpresent
噂には聞いていましたが、本体のみ返送なのに新しいセット一式が届きました。(右が新しいセット)

Img_5169

ちなみに、なんと届いた交換品は2GBのRAMを搭載した最新版でしたsign01
バッテリー部分に印字があるので新型バッテリーを搭載したものであり、加えてADBでのメモリーチェックをするとトータル1.4GB(旧型は0.5GB)認識されていることから改良版であることがわかりますup

早速セットアップですが私のGlassが壊れてから開発面での大きな進展はあまりないようで、待っていたXE19.1がリリースされていましたが技適マークの追加等はなしsweat01
結局今回もシールドルームを借りて初期設定と無線機無効化の作業をすることになりましたcoldsweats01
以前は米国アカウントでしか専用の管理アプリ「MyGlass」が英国でのGlass提供にあたり、Android版に加えiPhone版も全世界のアカウントでダウンロード可能になっていますので初期設定用に再ダウンロードしておきますphoneto

というわけで今回かかった費用は日米間輸送費及び手数利用が5,543円、そして設備利用手数料が1,200円ということになりましたyen(後者は交換にかかった金額ではないですが一応w)
それなりに金額はかかってしまいましたが一万円を切っているのでよしとしましょうrock

本来なら今度こそ売ってしまえばいいのですが、せっかく自分の名義になったのでもうしばらく所有しておこうと思いますhappy01
もし故障しても今度は自分の名義ですから、今回よりはスムーズに手続きできるのではないでしょうかshine
今後どうなっていくかを見守りたいと思いますsign01

| | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »