« CopyTrans Shelbeeを使ってiTunesカードを当てる、Twitterハロウィーン キャンペーン☆ | トップページ | 日産リーフにドライブレコーダー"GDR 35D"設置☆ »

EVコンポ ライト設置完了☆

先月納車された中古日産リーフ用の充電コンセント工事が完了しましたhappy01
以前の記事でどのようなコンセントを取り付けるかで悩んでいましたが、日産D・工事業者さんと相談した結果無事に希望のEVコンポ ライトを取り付けてもらうことが出来ましたnote

Img_5351

分電盤にアース端子がなく地質的にも今回の設置場所はアースを取るのに適さないということでいろいろ試行錯誤をしてもらいながら、なんとか半日かけてEVコンポ ライトの設置完了です。
今回工事をして頂いた業者さんもEVコンセントは日産Dとの提携でよくやっているが、EVコンポ ライトに関してははじめて取り付けたとのことでちょっと大変そうでしたcoldsweats01
やはりコンセントとコントロールボックスフォルダ・ケーブルフックが一つになっていると便利ですねsign01
強風が吹いてもコントロールボックスが揺れて壁にあたったりしないので安心して使用できます。
ある程度ひさしがあるところへの設置なので格納ボックス等はなしですが問題無いと思いますrain
中古の前期型日産リーフなので充電ケーブルも初期型でピッタリ収納good
アウトランダーPHEVや現行i-MiEV等の充電ケーブルはコントロールボックスが縦に長く入らないそうなので、日産・三菱共同開発の軽EVでは現行日産リーフのように収まるサイズになることを期待しますup(説明書でコントロールボックスをぶら下げてたり横置きして充電するのはダメと言っているのに、後に公開されたアウトランダーPHEV用の説明はちょっと気になります…^^;)

以上の設置工事をしてもらい、当方への請求額は3千円yen
今回も日産Dからコンセント設置に15万円まで補助があり、標準ではないEVコンポ ライトも補助対象になるということでしたので、合計15万3千円のうちオーバーした3千円が請求される形になったようです。(この補助金額はどうも新車・中古車共に一律ではないようです)
EVコンポ ライトが1万3千円なことを考慮しても14万というEVコンセント工事費はちょっと高いんではないかと思いますが、希望していた設備が3千円でついた形ですので大満足scissors

後日、中部電力に連絡を入れて電力プランも変更してもらいましたflair
これまでもi-MiEVの充電に離れの分電盤から電源を取っていたのですが、同分電盤から充電するEVが二台になるとこれまでの従量電灯Bでは大幅に損になってしまうためEライフプラン(3時間帯別電灯)に変更ですrock
こちらの工事は中部電力管轄のため工事費はかからず20分ほどで完了sign01

Img_0142

メーターもこれまでのアナログのものからデジタルになり見やすいですw
3時間帯別電灯という名の通り時間別に3つの料金が設定されており、EVを充電したい夜間は一番安いナイトタイム(13.45円/kWh)が適応されるので多少昼間の使用電力が増えても、従量電灯Bのまま使用するよりは年間1万5千円ほどお得にheart04
漏電ブレーカーの関係で契約容量は6kVAのままなので同時に充電したりはできませんが、これで3台のEVを使い分ける準備が整いましたsign03

|

« CopyTrans Shelbeeを使ってiTunesカードを当てる、Twitterハロウィーン キャンペーン☆ | トップページ | 日産リーフにドライブレコーダー"GDR 35D"設置☆ »

EV」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1085832/57904284

この記事へのトラックバック一覧です: EVコンポ ライト設置完了☆:

« CopyTrans Shelbeeを使ってiTunesカードを当てる、Twitterハロウィーン キャンペーン☆ | トップページ | 日産リーフにドライブレコーダー"GDR 35D"設置☆ »