« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

待ちに待った、新型MacBook Proが登場☆

ついに発表された新型MacBook Prosign01
Retinaモデルの登場以降大きな変化がないままだったので、4年ぶりのフルモデルチェンジですshine

20161029_232433

MacBook Proに関して言えば発表内容は既にリークされていた情報の通りだったので大きな衝撃というのはなかったですねcoldsweats01
本体は更にコンパクトで薄く軽くなりましたし、外部接続ポートも充電まで含めThunderbolt 3に絞ってきました。(イヤホン端子は残りましたが)
これまでのシルバーに加え、スペースグレーが仲間入りしたのもGoodgood

20161029_232650

そして何といっても今回の注目はTouch Barnote
これまでキーボードのファンクションキーだった位置に60×2170ピクセルのOLEDディスプレイタッチバーを搭載し、これまでのファンクションキーの代わりに機能を割り当てたり実際にそこで様々な作業をすることができます。
高精細なディスプレイとして動作しているので単なるボタンとしての表示だけでなく、写真を選ぶ際などにも実際にバーの中に写真が表示されるというのは新感覚ですねheart04
また、同じTouch Barの右隅には電源ボタンと兼ねてTouch IDを搭載sign01
iPhoneに搭載されているものと同じく指紋でログインやApplePayの支払いがパスワードを入力することなく簡単に行うことができますbell

20161029_232858

これらの変更点や新機能に関しては色々意見の別れるところなようですが、私としては概ねいい感じなのではないかと思います。
実際USB-Cの1ポートしかないMacBookも運用していますから、Thunderbolt 3(USB-C兼)のポートが4つもあれば十分ですねup
おそらくこの辺の変換アダプタも使えると思うので追加投資もなしで行けるのではないでしょうか。

20161029_232754

ちなみに今回の発表では上記のTouch Bar・Touch ID搭載の13/15インチモデルに加え、通常のファンクションキーを搭載した13インチモデルも登場していますpaper(ポート数なども違います)
厚さや重さこそ13インチのMacBook Airに敵いませんが、サイズは一回り小さくなりましたしそれでいてRetinaディスプレイというメリットがありますから価格との兼ね合いで需要は結構あるのかもしれませんねgood
ちなみにそのMacBook Airは噂されていた新モデルの投入は行われず、11インチモデルが販売終了で13インチが値下げして販売継続になっています。

さて、では私は今回の新型MacBook Proを買うのか??
もちろんYesですsign03
というより以前書いた通り、この発表を見越してこれまで使っていた初代MacBook Pro Retinaを売却してしまったので買うしかありませんcoldsweats01
一足先に実機も触ってみましたが、心配していたバタフライ式のキーボードもMacBookのものと違い押し込み感があって打ちやすいので安心して買い換えられますheart01

20161029_233044

まぁ実際のところはそれよりも前の発表会終了時に注文してしまいましたhappy01
今回の新型MacBook ProはTouch Bar非搭載モデルだけが即出荷で、それ以外のTouch Bar搭載モデルはサイズを問わず2-3週間後のお届けからのスタート。
私自体はかなり早めに注文したのですが割引を使うのに各種書類の受理などがあり、それが承認されてからの確定なので3-4週間(2016/11/24 - 2016/12/02お届予定)になってしまいましたsweat01
ちなみに私が購入したのはこれまでと同じく15インチのモデルrock
上位モデルにしようかとも思いましたが、初代Retinaでもこれまで困っていなかったのでエントリーモデルの方をちょっとだけカスタマイズしました。

決して安い買い物ではないですが旧型を早く売却した甲斐あって、今回の購入実質負担は17万強といったところですnote
半ジャンク状態だった初代Retinaがここまで助けてくれるとは本当にありがたい…w
到着がまだ先になるので待ち遠しいところではありますが、もうしばらくノートはMacBookで頑張ろうと思いますheart04

| | トラックバック (0)

Apple Payがいよいよ日本でもスタート! Apple Watch2で決済してみると…?☆

いよいよ本日からスタートしたApple Payup
Apple Payと一口にいってもいくつかの使い方がありますが、やはり一番注目を集めているのはAndroid端末やガラケーでおなじみのFeliCa機能かと思います。
現在かざして支払いができるiPhoneはiPhone7及びiPhone7 Plusに限られますが、旧モデルのiPhoneでもiOS10.1にアップデートできるモデルであればApple Watch Series 2(以下Apple Watch2)をペアリングすることによりApple Watch2を使ってのApple Pay店頭支払いが可能ですhappy01

かく言う私も普段使いがiPhone7ではなくiPhoneSEなのでApple Watch2を活用したいと思い設定してみましたsign01
設定の仕方についてはいろいろなところに書かれていますので割愛しますが、クレジットカードやSuicaの登録はカメラやNFCを使った読み込みで簡単に行なえますgood
アメックスのプロパーカードが使えなかったりと多少クレジットカードを選ぶところはありますが、一般的なカードであれば対応しているのでそれほど問題ではない印象。
Suicaについてはカードからの吸い出しや旧端末からの移行、新規発行もOKですscissors

Img_2870

一般的にスマートフォン等でiDやQUICPay等を使おうとするとiD・パスワードの発行に一週間近くかかったり、チャージのために登録したクレジットカードの認証に数日かかる場合が多いですがApple Payはその場で即完了shine

Img_0429

たくさんのカードを登録していてもカードの券面を見ながら選択できるのが便利ですねhappy02
Suicaだけは制限が多く原則として一つのカードは一台のみの紐付けとなりますが、クレジットカードでのiDやQUICPay利用は複数の端末に設定できるので複数の端末を使っている場合にもカンタンbell

Img_0428

登録が完了したら早速実際に支払ってみますyen
iPhone7で支払う場合には基本的にTouch ID(ホームボタン)に指を乗せ、認証しながらiPhone本体上部をかざすと決済できますhappy01
iPhoneの画面が消えている状態でホームボタンをダブルタップするとカードの選択もできますが、該当するサービスが一つしかない場合は自動的に選択してくれるのでこの作業は必要ないようです。

とりあえず使ってみなくてはわからないということで、iPhone7から試しましたがこちらは快調run
非常にスムーズに反応してくれるので、Touch IDを触らなければいけないという仕様も特に違和感はありませんgood
周りから見ていても上部をかざしているというくらいで、それほど他のおサイフケータイ機能付きスマートフォンと変わらない動作なのでパッと見はわからないかもしれませんねheart02

問題はApple Watch2の方ですsweat01
どこで使ってもどうもうまくいかない。。
支払いができないわけではないので設定上は問題はないと思いますが、画面を読取機にかざしてもなかなか反応しませんbearing

Apple Watch2の場合は電源ボタンをダブルクリックすると支払いモードになり決済するカードの選択画面が出てくるので、利用したいカード及び支払い方法を表示させ"準備完了…"の表示を確認した上で画面側を読取機にかざせば支払いができるということになっています。
なんとiPhone側のアプリだけでなくApple Watch2側からもチャージができるのは素晴らしいnote

Img_2869

iPhoneが本体上部をかざすと反応しやすいように、Apple Watch2でもちょうどよい角度と位置があるのかもしれませんが見つけられずsweat02
かなりモタついてしまうので現状はラッシュ時の改札では使いたくないですし、コンビニなどでもレジに誰も並んでいないときでないと試せませんcoldsweats01
まさかApple Watch2の方が壊れているということもないと思いますが…sweat01
現時点ではApple Watch2でApple Payを利用したという情報が少ないのでなんとも言えませんが、これからいろいろ情報が出てくればかざし方や慣れでうまく使えるようになるかもしれませんねrock

Img_0427

それまでしばらくはiPhone7の方をメーンにApple Payを使って様子見したいと思いますsign03
これまで使っていたおサイフケータイジャケット01はもう使うことがないかと思いましたが、よく考えると仕事で使っているEdyが移行できていないのでこちらも並行してカバンに忍ばせることになりましたw
今まで持ち歩いていたAndroid端末がなくてもおサイフケータイが使えるようになったのは非常に便利ですし、ほかにもメリットが色々とあるので更にApple Payが使いやすくなっていくことに期待したいですheart04

| | トラックバック (0)

MacでもiPhoneのデータ管理が簡単にできるAnytransを使ってみる☆

iPhone7の流通量もだいぶ改善してきたようで、Apple Storeなどでは当日受取も可能になってきましたhappy01
iPhone7 Plasはまだ容量によっては厳しいようですが、それでも年内には改善してくるのではないでしょうか。

2

実際に新しいiPhoneが手元に来ると必要になるのがデータの転送ですねrock
環境をそのまま引き継ぎたかったり個別に特定のデータだけを移行したかったりとやりたいことはいろいろだと思いますが、iTunesやiCloud経由だとどうもうまくいかないということもあると思います。
今回はそんな新型iPhoneへの移行から普段のデータ管理まで幅広く使えるソフト「Anytrans」をご紹介したいと思いますnote

1

iMobieが販売するAnyTrans 5はIOSを搭載したデバイスに対応するデータ管理・転送ソフトです。
音楽や写真のデータはもちろん連絡先やメッセージまで、iPhoneやiPadのデータを双方向で幅広く取り扱い可能heart04

5

普段使いではiTunesの代わりに音楽の転送に利用したり、写真の管理も写真管理ソフトに切り替えることなく同じ画面からそのまま行うことができますgood
音楽ライブラリの管理もできるのでiTunesとの共用ももちろん可能です。

4

iTunesはたしかに純正ではありますが融通の効かないところも色々とありますので、そういった細かいところまで手が届くのは非常に便利ですねshine
最近ではiCloudの利用であえてiTunesで同期作業を行う必要もなくなってきているので、管理ソフトとしてiTunesの代わりに利用するにはぴったりかもしれませんscissors

20161014_193009

ここで注目したいのはMacに対応しているという点sign01
こういったiPhone管理アプリは他社からもいくつか出ていますが、Windows専用なことが多く私自身もPCに移動して作業していましたsweat01
それがこのAnyTransならMac環境でそのまま使えるため、Windowsマシンは持っていないよという方にも安心しておすすめできますup

20161014_193438

そして冒頭でも触れた新しいiPhoneへの移行paper
通常だとiTunesやiCloudを利用しての以降になりますが、引き継げるものや条件は結構限られてきます。
そんな時もこのAnyTransならまるごとバックアップ→新iPhoneへの復元が可能sign03
「クローン機能」があるので音楽や写真のデータはもちろん、ブックマークや設定内容までそのまま引き継ぐことができますbell
iTunes以外でiCloudまで管理できるのは素晴らしいですねhappy02

2_2

また、iTunesに比べてバックアップ・リストアの速度が非常に速いので、あの待ち時間のイライラも解消できると思いますrun
ボタンも大きくわかりやすいUIを採用しているので初心者の方でも簡単に操作できるのではないでしょうかhappy01

価格は一台のみで使える個人用ライセンスが3,999円、複数のMac・Windowsで使える家族用ライセンスが5,999円となっています。(一台のみのライセンスでは使用OSの選択にに注意)
一度ライセンスを購入すればそのままずっと使える上に、アップデートも無償提供されるとのことなので今後のiPhoneやiPadの買い替えも考えるとお得ですねyen
購入はこちらの専用ストアからどうぞhappy02

iPhone7を購入したけどまだデータ移行が終わっていないよという方はもちろん、iTunesでのデータ管理から開放されたいという方も試してみる価値は十分にあると思いますgood
気になった方はぜひAnytrans 5を購入されてみてはいかがでしょうかheart04

| | トラックバック (0)

ついにPlayStation VR発売! 早速試してみました☆

本日、いよいよ発売になったPlayStation VRsign01
私もビックカメラ.comの第一回抽選にて当選した分が無事に届きましたhappy01
午後から用事で外出してしまうため、なんとか午前中に受け取りたいと思っていたので一安心ですnote

Img_0327_2
Img_0336

というわけで、とりあえず簡単に開封と動作確認だけしてみましたpaper
まずは箱を取り出してみると結構大きいcoldsweats01
Apple製品ほどではないですが結構高級感のある箱です。

Img_0339

開封してみると結構いろんなものが入っていますup
大きいものはVRヘッドセットとプロセッサーユニット、細かいものはVRヘッドセット接続ケーブル・HDMIケーブル・USBケーブル・ステレオヘッドホン・電源アダプタ…sweat01
これを見るとわかりますが、実際にセッティングすると結構ごちゃごちゃします。。

Img_0343

更に今回購入したものはカメラ同梱版ということで、PlayStation Cameraも一緒に入っていますsign01
実際カメラなし版も発売されているわけですが、PSVRを使うにはこのカメラが必須なので現状カメラを所有しているのでなければ同梱版一択ですね。(もちろんカメラを別途買うこともできますが通常価格では同梱版のほうがお得)
ちなみに先日になって急にPlayStation Cameraもモデルチェンジが行われたので、既に予約されている同梱版には旧モデルが入っているのかと思いましたがちゃんと新型が入っていましたsign03
テレビの上に設置しないのでこれはありがたいですshine(この情報がはっきりしなかったのでカメラなし版を選んでしまった方もいらっしゃるようですが)

Img_0346

接続自体はそんなに難しくないですが、プロセッサーユニットの設置位置や電源の確保などはちょっと面倒bearing
まぁPC向けVR機器のマーカーを設置したりするのを考えればそれほど苦でもありませんが、この配線を見てしまうと商品イメージの印象とはちょっと変わってしまうかもしれませんsweat02

ちなみに今回接続しているPS4はPSVR用に新たに購入しましたが、先日発表されたスリム化モデルではなく一つ前のCUH-1200です。
性能自体な差はほぼなかったですし、開梱品ではありましたが1年保証もついて28,000円と安かったので節約になりましたyen
PS4 Proに関してはPSVRの画質や効果も向上するとのことなので気にはなりますが、発売自体がまだしばらく先なのでPSVRを体験するには良い買い物だったと思いますgood

Img_2660

さて、接続が完了したら早速電源を入れてみますnote
こういった機器は新たに繋ぐとごちゃごちゃと設定が必要になるのは一般的かと思いますが、PSVRで出てきたのは簡単なチェック項目だけhappy02(PS4自体のバージョンは予め最新にしてあります)
あとはケーブルの途中についているコントローラーを操作すれば、見慣れた画面がそのままヘッドセット側にも出てきますflair
ここまでくれば設置及び準備は完了heart04

あとは好きなゲームを起動したり、大画面で動画を見たりと色々楽しめますねsign01
体験会では体験できるソフトも限られていたので、自分が気になるソフトを楽しめるのは嬉しいですgood
今回は"アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション"と"サマーレッスン"と"The Playroom VR"をちょっとだけ体験してみましたが、臨場感があって非常にいい感じですgame
ちなみにヘッドホンは特に購入せず家にあった適当なものを使ってみました。(ヘッドセットの上から装着するので物によっては干渉して装着できない可能性あり)

体験時にもあったマーカーを見失ったような揺れはどうしてもありますが、あまり長時間プレイしなければ極端に酔ったりはしにくいのではないでしょうか?
まだ鑑賞系のソフトしか体験していないので、あらためてゲーム要素の大きいソフトもやってみたいと思いますrock

とりあえず簡単に試してみましたが、結果的に買ってよかったと思いますhappy01
仕事でPC向けのVR機器を使うこともありますが、あちらは何といっても金額が高いので手を出すにはちょっと抵抗がありますsweat01
PSVRの場合は価格も比較的安価になり、ハードがPS4なので難しい知識がなくても使用できるというところは非常に大きいですねsign01
私はどうしても初日に欲しかったので急いで買いましたが、一般の方はほしいと思うゲームが出た時点で購入すると入りやすいかもしれません。
現時点ではどちらかというと鑑賞系よりかなという印象もありますので、今後"操作する"という感覚のゲームがどのような形で増えてくるのかに期待したいと思いますheart01

| | トラックバック (0)

サードパーティー品のUSB-C→USB・HDMI・電源変換アダプタを試す☆ 故障について追記

先日、新型MacBook Proの発売を想定してちょっと早いですがMacBook Pro(Retina Mid 2012)を売却してしまいましたhappy01
あれ以降特に目立った新型の情報もなく、現在は他にMacBook Proを持っていないのでとりあえずMacBook(Retina)を置いて代用しています。
もともと外出先専用で購入しているものですからパワー不足は仕方ないと割り切れますが、自宅で置いて使うにあたりどうしても問題になってくるのは拡張性のなさsweat01
別にモバイルとして外で使うだけならUSB-Cポート一つしかなくても困ることはありませんでしたが、自宅で使う場合は長時間使う場合もあるので電源も使いたいですし同時に従来のUSBを利用したいこともあります。

もちろんその環境を叶えてくれるアイテムはちゃんとApple純正アクセサリとして存在しており、実は2台目のMacBook(Retina)を購入した時に一度購入したことがありますsign01
USB-C Digital AV Multiportアダプタ
しかし実際MacBookを使っていくと外出先では全然出番がなく、未開封のまま一ヶ月間放置されることとなってしまったためギリギリでApple Store GINZAに返品してしまいましたcoldsweats01

それがここに来てついに必要な時がやってきましたrock
通常であればまた購入すればいいだけなのですが、今回の状況を考えると新型MacBook Proが発売され再びMacBook(Retina)が外出先専用に戻ったらまた全然使わない可能性は非常に高いsweat02
そのために10,260円の純正品を買うか…?

っとしばらく悩みましたが、噂では新型MacBook Proは10月末と言われておりそれほど長く使うことはないだろうと、Amazonでサードパーティ品のアダプタを購入してみましたup

今回購入したのはこのアダプタshine
Qtuo 3-in-1 Type-C USB 3.1 ハブ USB-C to HDMI/USB3.0/USB type-C/F 変換アダプタ
基本的な機能は純正品と同じでUSB3.0・HDMI・USB-C充電サポートとなっています。
この商品に限りませんがサードパーティ品の変換ケーブルは結局USB-Cからの充電ができなかったという報告が多いため、安価とはいっても意外と賭け的な要素もあったりしますcoldsweats02

それでも2,750円ならとりあえず試してみる価値はあるでしょうsign01(初期不良でも時間をかければメーカー及びAmazonに相談しての返品も可能かと)
プライム対象なので当日お急ぎ便が使えたのは良かったですgood

Img_2616

というわけで早速到着run
簡易包装で変換アダプタのみが入っています。
デザインは真っ黒でいかにもケーブルという感じですが、自宅で使うだけなので特に問題はないですhappy01(他社にはMacBook専用などのデザイン性重視のものもありますが今回は価格優先)

Img_2635

まずは充電からnote
既にApple純正のUSBアダプタは所有しているので、充電ができなければ返品確定ですが…純正充電器とケーブルを繋いでみたところ無事に充電開始flair
一番気になっていた部分が無事動作して一安心ですhappy02(後に注意点あり)

続けてUSBポートも試してみます。
とりあえずは薄型BDドライブを接続してみると問題なく認識されましたscissors
更にMacBook Proで使っていたUSBハブを介して複数同時接続もテストしてみましたが、そちらも正常に動作しているようです。
一点わかった事としてUSB-Cから電源を供給していても、USBポートは本体側からのバスパワーのみの動作となるため、大電力が必要な外付けドライブなどは別途補助電源が必要な場合がありそうな感じでしたdanger
その辺はノートPCであればバッテリー駆動時と同等程度なのでそれほど困ることはなさそうなのでOKです。

そしてもう一つ、HDMI端子がありますsign01
もちろんこの端子を用いてディスプレイを拡張したりミラーリングしたりできるのですが、私の場合は特にこの機能を目的として購入していないのでそれほど重要ではないですcoldsweats01

20161010_2108102

でもせっかくなら完璧な製品が欲しいので、とりあえず試してみましょうpaper
特に難しいことはなく市販のHDMIケーブルで、アダプタとディスプレイ(テレビなど)をつなぐだけで自動で認識されます。

20161010_210830

こちらも問題なく映像が出力されましたheart04
また、テレビなどの音声信号に対応した端子であれば同時に音声も送られるようになりますnote

Img_2626

私の場合はMac Proと同じように拡張に設定して二枚目ディスプレイとして動作させてみましたtv
このように3つのポートを同時に使っても問題なし…と思ったのですが、なぜか特定の環境で充電に失敗するようですsweat01
というのが繋ぐ順番で、アダプタに全端子を接続してからMacBook本体へ接続したり、HDMI→USB-C電源の順に接続すると"バッテリーは充電されません"と表示されたままになります。
解決策としては充電が開始されている状態でHDMI端子を繋ぐsign01
そこだけ気をつければ全ポートを同時に使用しても特に問題はなさそうですhappy02(そもそも電源OFF時に正常充電されないことがあったので、充電に関してはMacBook自体も怪しいですが)

私の場合はHDMIは関係ないのでこれで十分といった感じですねup
まして新型MacBook Proが発売されるまで使いたいので、この価格で利用できればコストパフォマンスは非常に良いのではないでしょうかgood
今回は問題がない製品でしたからメーカーのサポートについてはどんな感じなのかわからないですが、たまにMacBookで充電とUSB機器を同時に使いたいという方は一度購入してみたはいかがでしょうかbell(購入して使えるかどうかは自己責任で)
しばらく使ってみて問題が発生するようであれば追記したいと思いますhappy01

ちなみにsign03
同じくUSB-Cポートを採用するWindows 10 mobile搭載スマートフォン"NuAns NEO"にも接続してみたのですが、こちらは認識はされるのにHDMIでの出力(Continuum)には切り替わりませんでしたbearing

Img_2632

他のHDMIアダプタでは出力できていたので、このアダプタは相性なのか仕様なのかわかりませんが使用できないようです。
そういった目的で購入される方はよく検討されることをおすすめしますsweat01

追記(2016/11/29)
やはりという感じではありますが、新型MacBook Proが届いたらいろいろ試そうと準備していたところ、MacBookでHDMI出力が使えなくなっていることが判明しましたsweat01
その後、別の機器でも試しましたがやはりこのアダプタを使おうとすると出力されず。
これまで使っていた電源ポートとUSBポートは生きているので、映像に関する機能又はHDMIのみが故障しているようですbearing
HDMIに関してはAmazonのレビューにもはじめから使えなかったりすぐ壊れたとの報告が多数上がっていたのでそんなもんなのかもしれません。
充電機能に関しては動作(出力制限あり)しており、USBポートも動作しているのでしばらくはその用途だけで使おうと思いますpaper

| | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »