電子書籍

kobo gloでの自炊設定を保存☆

昨年のセール時に購入したkobo glo
自炊専用にと購入したので溜めておくだけであまり使用することはないかなと思ったのですが、意外にも利用シーンが多くストアまで利用しています

自炊の方もChainLP設定さえ確定してしまえば、あとは流し込みでCBZ形式に変換できるので簡単です

11

私の場合のkobo glo用基本設定はこんな感じですね
あとは見開きの状態などによっては"2個1"設定を変更しますが、主に同人誌のが多いのであまり気になることはありません。
毎回設定するのは面倒なので、おおよそこの設定で問題無いですしプリセットに保存しておきます(出力形式などは保存されないため起動毎に選択が必要です)

Gg

ドキュメントスキャナーでの原稿読みはiPadに入れていた時と同じなので、「[PEACH-PIT] ローゼンメイデン Rozen Maiden 第01巻」といった形式でフォルダ名をつけて画像を一巻づつにまとめます
複数の書籍を一度に変換する場合には"パッチ"にチェックをつけて変換を開始するとBachLPが立ち上がってくるので、各フォルダをまとめてドラッグ&ドロップすることにより同設定で自動変換が可能です

現在はFW3.1.0+CFW0.96β2になっていますが、現状特に問題はありません(実際には制限等あるようですが私の使う上では問題なし)
文字が小さい場合にはズーム機能の使い勝手気になることもありますが、手動ズームで十分対応できるので困ることはないです。
Kobo Auraも気にはなりますが使用している上では買い換えないと困るということはないので、換装した内臓SDの容量がいっぱいになるまではkobo gloのままで行こうと思います(Auraの内臓SD換装はどんな感じなのだろう)

| | トラックバック (0)

kobo gloを使ってみての感想☆

前記事でCFWを導入したKobo glo
その後もいろいろと試行錯誤をした結果何度かオレンジLED点灯で起動しなくなったりして複数のFWバージョンを試しましたが、結局工場出荷状態からUSBによる初期設定後に直接2.8.1へアップデートで落ち着きました(未だに画面保護がついてますw)

Img_2231

CFWなどは特に変更せず「kobo CFW 0.96β2」+「passlock-131026」を使わせてもらっています
そして自炊データを転送していくと、久しぶりにMacでの濁点問題に遭遇
これがまたデータベースの更新で面倒なことが起こしたため、少々手間ではありましたが自動で文字コードを変換するようにしてしまいました
あとは以前よりアリスに持たせている脱獄済みiPad用に書籍データを自動振り分ける機能の中にkoboも追加して設定完了(写真メインの書籍などはモノクロのkoboに転送されても意味が無いので、ファイル名の一部単語で引っ掛けて振り分けます)

これでいつでも自炊した書籍が読めるようになりました
実際に本を読んでいると、思った以上に動作も軽快ですね(私が試した中では2.8.1がページ送り等も一番快適な感じがします)
CBZ形式の自炊ファイルではカラーページをあえてそのままカラーで残してありますが、読み込みの引っ掛かりも特に気になることはありません

20131112_223607

書籍も試してみたくて「機巧少女は傷つかない」を購入してみましたが、こちらも非常に快適
文字サイズの変更ができることと電子ペーパーの見やすさで違和感を感じません

とりあえずはこの状態で暫く使ってみようと思います
もしかするとまた起動不能になることがあるかもしれませんが、とりあえずはファクトリーリセットで多くの場合は解決できそうなのであまり気にしないでおきます
ちなみにどうやらファクトリーリセットをしても作成したスワップ領域は維持されるようなので、わざわざファクトリーリセットの度に裏蓋を開けてスワップ領域を作成する必要はないようです(初回より開けるのに苦労した挙句スワップ領域が残っていることがわかったので、先に確認すればよかったと後悔…w)

iPadよりも目が疲れにくい感じなので寝る前の読書が捗りそうです

| | トラックバック (0)

書籍移行のためKobo gloを自炊専用機に☆

先日の楽天日本一セールでいくつか購入した中のひとつ、Kobo gloがやっと届きました
これまでは評判もあまり良くないし電子ペーパータイプの電子書籍リーダーはいらないかなと思っていたのですが、このセールの半額クーポンとポイント利用で三千円弱で購入可能だったので注文してみました
ちなみに本当はブラックが良かったのですが、その時既にブラックは売り切れだったためシルバーを選択
もっと安っぽいかと思いましたが意外といい感じですね(笑)

Img_2190

というのも、今は自宅にある複数のiPadに書籍を格納しているのですが、最近ではすぐに容量が一杯になってしまい複数台を持ち歩くのは面倒
ましてやiPadに入れるのは書籍データだけではないので書籍で容量がいっぱいでは困ってしまいます
Koboならば外部メモリーとしてmicroSDも利用できるので、コンパクトかつ簡単にカードの追加ができるので容量不足の心配がありません
更にKoboは改造により内蔵記憶領域を増やしたり、カスタムファームウェアの導入ができるということなのでそれを考慮した上で購入してみました

まずは届いたkobo gloを開封
取扱説明書(解説書?)が箱の外に添付されていますので、カッターなどを使う場合は十分注意しましょう

Img_2195

開けると上部にそのまま本体が格納されています
もちろん電源はOFF状態ですが電子ペーパーなので画面には既にUSB接続を促すメッセージが表示されています。

やはり電子ペーパーは実際に印刷物を貼り付けてあるのかと思うくらいですごくきれいですね
通常であればこのままPCにUSB接続するところですが、今回はまず改造を目的としているので接続する前に殻割りします(特にこだわりがなければ初期不良チェックのために電源を入れて動作確認をするのがよいかもしれません)

Img_2204

スライド電源スイッチのフロント部分を裏蓋側に押すと微妙に隙間ができるので、そこに小型のマイナスドライバーや薄く丈夫なカードなどを挟み込みます(傷をつけるといけないので各種チャージ用カード辺りが良いですが、クレジットカード支払いが多くてなかなか良さそうなものがなかったため妹から使用済みのiTunesカードをもらってきました)
そこからゆっくり押し込みながら隙間を一周させて裏蓋を外していきます
それほど難しくはないですが気をつけないと画面やケースが割れることもあるようなので作業は緊張に

Img_2198

裏蓋を外すと基板が見え、バッテリーの上部にmicroSDカードが見えます(画像は外してから撮影してしまいました)
カードの容量はいくつかあるようですが、私の場合は2GB(Class4)が挿入されていました。
そのままカードを横にスライドさせ抜き取り、SDアダプタを装着してPCのカードドライブに挿入します
挿入するとフォーマットするか聞かれますが、フォーマットするとデータが消えてしまうので間違いなくキャンセルをクリック

Ws000000

DD for Windowsを利用してkoboに入っていたmicroSDのデータをファイルにバックアップします
バックアップが終わったらKoboに標準で付いていたカードはちゃんと何処かに保管し、次は新しいカードにデータを復元していきましょう。

今回は自宅にあまっていたmicroSDHC 16GB(Class4)を利用しました
先日なんと32GB(Class4)で780円という怪しすぎる価格のカードを見つけ購入したのですが、意外にも普通に使えたのでHTC J Oneに入っていたものと入れ替えにあたり余った16GBのカードです
そのためClass4のものになってしまい速度が気になったのですが、結論からいってしまうと全然問題なく快適でした
逆にClass10等のより高速な利用ができるmicroSDHCを使っても元々よりも遅くなる場合があるようなので、Kobo側の処理能力や相性等の問題もあるのかもしれませんね

作成したバックアップデータからこの新しいSDにデータを書き込みます
何かはいている場合には一度全てフォーマットしておくのが良いでしょう。
いろいろと確認メッセージが出ますが基本的には同意して書き込みを完了させます

書き込みが完了すれば新しいmicroSDHCが利用可能な状態になりますが、この辞典では元のデータをそのまま書き込んだためパーティションなども同じ構成になっており利用可能な領域も元の2GBのもののままになっています
そこでMiniTool Partition Wizardを使ってパーティションサイズの変更を行っていきます

Ws000001

まずはMiniTool Partition Wizardを起動させ「KOBOeReader」の領域を拡げます(間違っても対象のSD以外の領域を変更しないように注意)
この時に特にそのままの利用であれば未使用領域いっぱいまで拡張しても良いのですが、今回はスワップを利用する領域も作成しますのでその分の空きを残して拡張
残しておいた領域にLinux swapを作成し、問題がなければ"Apply"を押して変更を適応させます(Applyを押して適応するまではあくまで計画段階なので取り消しが可能ですが、Applyを実行すると取り消しはできません)
今回はあえて1GBのスワップを作成しましたが実際にそこまで使用することはないので、細かく設定する場合には環境に合わせて必要な容量を設定しましょう

これで適応が完了した新しいmicroSDHCをkobo glo本体に入れて本体記憶領域の拡張は完了です
特に普通に使うだけならばこのまま電源を入れて初期設定をして完了なのですが、今回はカスタムファームウェア(CFW)も導入するので初期設定完了後に海外版公式FWへのアップデートとCFWの導入も実施しています
途中失敗すると立ち上がらなく鳴ることもあるので、この段階ではまだ裏蓋を閉めないで作業を継続(実際一度失敗して立ち上がらなくなりました)

KoboのCFWも有志の方が作成してくださっているので、感謝して使わせていただきます
このブログを見てくださっている方の中にはiPhoneの脱獄に興味が有る方もいらっしゃると思いますが、基本的には同じような感じのものだと思っていいと思います(PSPやAndroid端末でもCFWが存在しているので特に説明の必要はないかもしれませんが…^^;)
ということでいつものように保証は受けられない可能性が高いので、自己責任で行う必要があります
私はそもそもこの時点で裏蓋を開けているので保証はありませんが…

まずはベースとする公式FWへのアップデート
現時点での日本向け最新となるFW2.6.0でも手てのですが、今回はあえて2.8.1にアップデートしました

準備が完了したらいよいよCFWを適応していきます
導入方法については他のブログやCFWに添付されているReadmeでも説明がされているので省きますが、基本的にはCFWファイルを解凍した中にある"KoboRoot.tgz"等を本体メモリーの".kobo"内にコピーしてUSB接続を解除することで自動的に再起動がかかり適応されます。
今回はFW2.8.1+「kobo CFW 0.96β2」+「passlock-131026」という構成で適応しました

最後にCFWの各設定を行うkoboCFW.confを必要に応じて編集、".kobo"内に配置して作業は完了です
これでkoboを自炊端末として快適に使う準備が出来ました

Img_2208

ついでなのでいつものiPhoneのようにバックやBoot画面などもテーマファイルを適応して現在はこんな感じ
実際に自炊書籍を読んでみても思った以上にスムーズですね
自炊ファイルは過去iPad発売時の自炊書籍作成にも使ったChainLPを利用してCBZ形式で書き出してみました
これだと実態はZIPファイルなので扱いも楽でいいですね
CFWの設定に自動でZIPをCBZにリネームしてくれる機能もあるので、単に画像ファイルをまとめただけのZIPも簡単に閲覧することができます

日本発売時の初代Kobo Touchのイメージとブックストア自体の操作性等が影響しているのか、あまり良くないという意見を目にすることが多いKoboシリーズですが自炊専用機にするには外部メモリーカードも利用できてすごくいいのではないかと思います
まして今回は本体が三千円以下で入手できたので、そのことを考慮すると更に評価できますね
ストアの電子ブック楽天Amazonを利用するKindle Paperwhiteと比べて特別使いにくいという感じではないので、何か欲しい書籍があれば利用していきたいと思います

まだ届いたばかりなので実際普段使いでどうかなどは、iPadの方の書籍との使い分けも考えながら改めて記事にしていきたいと思います
寝る前の読書に使いたいと思ってあえてライト付きのKobo gloの方を選択しているのでその辺の使い勝手もチェック

| | トラックバック (0)