Mac

ついに新しいMacBook Proが到着☆

ついに届きました、Touch Bar搭載の新型MacBook Pro 15inchsign03
ちょうど一ヶ月前に発表になり早朝に急いで予約注文したのですが、割引の関係で必要な書類をAooleが確認するまでに時間がかかってしまい、初回分から13日程遅い到着となってしまいましたcoldsweats02(それでも発表初日の昼過ぎには注文が確定していたので生産量はあまり多くないのかもしれません)
厳密には先週の時点で上海から出荷されていたのですが、なかなか出発せず結局Appleの予定通り本日の到着となりましたairplane

Img_0675

購入時点で到着が遅れることはわかっていたので今回はいろいろなところでれているレビューをなるべく見ないように、仕事先にもデモ機があるのですがなるべく触らないようにしていたので開けるのがちょっと楽しみですup
ただ新型MacBook Proの情報は既にたくさん出回っていますので、今回も以下はご報告までに。

Img_0676

ちなみにいつもだとMacBookの箱は閉じた写真が使われてた気がしますが、今回はちょっと開いたショットcamera
Touch Barのアピールでしょうか。
早速開封していきますrock

Img_0677

梱包方法はこれまで通り。
開けた途端に本体が見える仕様ですnotes

Img_0678

今回は一応新色ということでスペースグレイにしてみました。
ただ、MacBook Proとして見てしまうとそれほどグレイ感はなく、見る角度によってはシルバーとそれほど変わらないような気もしますsweat01
多少濃い色なので傷の付きやすさという面ではちょっと注意してみていきたいところですね。

余談ですが、持ってみるとなんとなく以前のものと質感が違う気がしますflair
うまくいえませんがなんか金属感が増した気が…ww

Img_0679

フタを開けるとこんな感じnote
明けた途端に電源が入りましたが、これまでもこんな仕様だったかな??(最近買ったのはMacBookだけどあまり記憶にないw)
かなり大型化しているトラックパッドが手前に見えます。

Img_0680

そして何よりも今回の目玉であるTouch Barsign01
搭載時からちゃんと付いていますhappy01
この状態だとモノクロ系のボタンばかり表示されているのでつまらない感じですが、実際にはカラーのボタンや写真なども表示できるのでキーボード上部はかなり華やかになりますbell

今回は開封ということでとりあえずセットアップを開始paper
ちょっとキーボードを打ってみましたが、同じバタフライキーボードでもMacBookとは別物ですねshine
ちゃんとストロークが感じられるので、あの板を叩いているような感覚はありませんcoldsweats01
まぁちょっと打ってみただけなので長時間の使用でどうなるのかわかりませんが、タッチ感自体は非常に良いという印象を受けますup

Img_0681_2

9月29日に以前使っていた初代MacBook Pro Retinaを売却してしまってから今日でちょうど二ヶ月になるので、なんだか非常に懐かしい感じがしますねgood
今回はその売却前に作成したTime Machineから復元をしていますheart04

拡張性についてはこれからいろいろ試してみようと思います。
一応MacBookで使っているUSB-Cアクセサリ等はあるわけですが、特に電源系などは仕様が違うのでどこまで使えるか現時点では謎ですsweat01

Img_0682

ちなみに付属品として入っているのは充電に必要なこの2つだけなので、USB-Cの規格がはじめてという方は変換アダプタ等も購入しておくのが良いでしょうpaper(私的には付属ヅル必要はないと思っているのでそこに不満はありません)
たしかにProという意味でこれまでのUSBやThunderbolt、SDカードやHDMIがそのまま挿せなくなってしまった事は残念ではありますが、それほど不便かというとそうでもない気がしますcoldsweats01

細かい感想についてはしばらく使ってみないとわからないところですので、使っていて何か気になることなどがあればまた追記していきたいと思います

| | トラックバック (0)

待ちに待った、新型MacBook Proが登場☆

ついに発表された新型MacBook Prosign01
Retinaモデルの登場以降大きな変化がないままだったので、4年ぶりのフルモデルチェンジですshine

20161029_232433

MacBook Proに関して言えば発表内容は既にリークされていた情報の通りだったので大きな衝撃というのはなかったですねcoldsweats01
本体は更にコンパクトで薄く軽くなりましたし、外部接続ポートも充電まで含めThunderbolt 3に絞ってきました。(イヤホン端子は残りましたが)
これまでのシルバーに加え、スペースグレーが仲間入りしたのもGoodgood

20161029_232650

そして何といっても今回の注目はTouch Barnote
これまでキーボードのファンクションキーだった位置に60×2170ピクセルのOLEDディスプレイタッチバーを搭載し、これまでのファンクションキーの代わりに機能を割り当てたり実際にそこで様々な作業をすることができます。
高精細なディスプレイとして動作しているので単なるボタンとしての表示だけでなく、写真を選ぶ際などにも実際にバーの中に写真が表示されるというのは新感覚ですねheart04
また、同じTouch Barの右隅には電源ボタンと兼ねてTouch IDを搭載sign01
iPhoneに搭載されているものと同じく指紋でログインやApplePayの支払いがパスワードを入力することなく簡単に行うことができますbell

20161029_232858

これらの変更点や新機能に関しては色々意見の別れるところなようですが、私としては概ねいい感じなのではないかと思います。
実際USB-Cの1ポートしかないMacBookも運用していますから、Thunderbolt 3(USB-C兼)のポートが4つもあれば十分ですねup
おそらくこの辺の変換アダプタも使えると思うので追加投資もなしで行けるのではないでしょうか。

20161029_232754

ちなみに今回の発表では上記のTouch Bar・Touch ID搭載の13/15インチモデルに加え、通常のファンクションキーを搭載した13インチモデルも登場していますpaper(ポート数なども違います)
厚さや重さこそ13インチのMacBook Airに敵いませんが、サイズは一回り小さくなりましたしそれでいてRetinaディスプレイというメリットがありますから価格との兼ね合いで需要は結構あるのかもしれませんねgood
ちなみにそのMacBook Airは噂されていた新モデルの投入は行われず、11インチモデルが販売終了で13インチが値下げして販売継続になっています。

さて、では私は今回の新型MacBook Proを買うのか??
もちろんYesですsign03
というより以前書いた通り、この発表を見越してこれまで使っていた初代MacBook Pro Retinaを売却してしまったので買うしかありませんcoldsweats01
一足先に実機も触ってみましたが、心配していたバタフライ式のキーボードもMacBookのものと違い押し込み感があって打ちやすいので安心して買い換えられますheart01

20161029_233044

まぁ実際のところはそれよりも前の発表会終了時に注文してしまいましたhappy01
今回の新型MacBook ProはTouch Bar非搭載モデルだけが即出荷で、それ以外のTouch Bar搭載モデルはサイズを問わず2-3週間後のお届けからのスタート。
私自体はかなり早めに注文したのですが割引を使うのに各種書類の受理などがあり、それが承認されてからの確定なので3-4週間(2016/11/24 - 2016/12/02お届予定)になってしまいましたsweat01
ちなみに私が購入したのはこれまでと同じく15インチのモデルrock
上位モデルにしようかとも思いましたが、初代Retinaでもこれまで困っていなかったのでエントリーモデルの方をちょっとだけカスタマイズしました。

決して安い買い物ではないですが旧型を早く売却した甲斐あって、今回の購入実質負担は17万強といったところですnote
半ジャンク状態だった初代Retinaがここまで助けてくれるとは本当にありがたい…w
到着がまだ先になるので待ち遠しいところではありますが、もうしばらくノートはMacBookで頑張ろうと思いますheart04

| | トラックバック (0)

サードパーティー品のUSB-C→USB・HDMI・電源変換アダプタを試す☆ 故障について追記

先日、新型MacBook Proの発売を想定してちょっと早いですがMacBook Pro(Retina Mid 2012)を売却してしまいましたhappy01
あれ以降特に目立った新型の情報もなく、現在は他にMacBook Proを持っていないのでとりあえずMacBook(Retina)を置いて代用しています。
もともと外出先専用で購入しているものですからパワー不足は仕方ないと割り切れますが、自宅で置いて使うにあたりどうしても問題になってくるのは拡張性のなさsweat01
別にモバイルとして外で使うだけならUSB-Cポート一つしかなくても困ることはありませんでしたが、自宅で使う場合は長時間使う場合もあるので電源も使いたいですし同時に従来のUSBを利用したいこともあります。

もちろんその環境を叶えてくれるアイテムはちゃんとApple純正アクセサリとして存在しており、実は2台目のMacBook(Retina)を購入した時に一度購入したことがありますsign01
USB-C Digital AV Multiportアダプタ
しかし実際MacBookを使っていくと外出先では全然出番がなく、未開封のまま一ヶ月間放置されることとなってしまったためギリギリでApple Store GINZAに返品してしまいましたcoldsweats01

それがここに来てついに必要な時がやってきましたrock
通常であればまた購入すればいいだけなのですが、今回の状況を考えると新型MacBook Proが発売され再びMacBook(Retina)が外出先専用に戻ったらまた全然使わない可能性は非常に高いsweat02
そのために10,260円の純正品を買うか…?

っとしばらく悩みましたが、噂では新型MacBook Proは10月末と言われておりそれほど長く使うことはないだろうと、Amazonでサードパーティ品のアダプタを購入してみましたup

今回購入したのはこのアダプタshine
Qtuo 3-in-1 Type-C USB 3.1 ハブ USB-C to HDMI/USB3.0/USB type-C/F 変換アダプタ
基本的な機能は純正品と同じでUSB3.0・HDMI・USB-C充電サポートとなっています。
この商品に限りませんがサードパーティ品の変換ケーブルは結局USB-Cからの充電ができなかったという報告が多いため、安価とはいっても意外と賭け的な要素もあったりしますcoldsweats02

それでも2,750円ならとりあえず試してみる価値はあるでしょうsign01(初期不良でも時間をかければメーカー及びAmazonに相談しての返品も可能かと)
プライム対象なので当日お急ぎ便が使えたのは良かったですgood

Img_2616

というわけで早速到着run
簡易包装で変換アダプタのみが入っています。
デザインは真っ黒でいかにもケーブルという感じですが、自宅で使うだけなので特に問題はないですhappy01(他社にはMacBook専用などのデザイン性重視のものもありますが今回は価格優先)

Img_2635

まずは充電からnote
既にApple純正のUSBアダプタは所有しているので、充電ができなければ返品確定ですが…純正充電器とケーブルを繋いでみたところ無事に充電開始flair
一番気になっていた部分が無事動作して一安心ですhappy02(後に注意点あり)

続けてUSBポートも試してみます。
とりあえずは薄型BDドライブを接続してみると問題なく認識されましたscissors
更にMacBook Proで使っていたUSBハブを介して複数同時接続もテストしてみましたが、そちらも正常に動作しているようです。
一点わかった事としてUSB-Cから電源を供給していても、USBポートは本体側からのバスパワーのみの動作となるため、大電力が必要な外付けドライブなどは別途補助電源が必要な場合がありそうな感じでしたdanger
その辺はノートPCであればバッテリー駆動時と同等程度なのでそれほど困ることはなさそうなのでOKです。

そしてもう一つ、HDMI端子がありますsign01
もちろんこの端子を用いてディスプレイを拡張したりミラーリングしたりできるのですが、私の場合は特にこの機能を目的として購入していないのでそれほど重要ではないですcoldsweats01

20161010_2108102

でもせっかくなら完璧な製品が欲しいので、とりあえず試してみましょうpaper
特に難しいことはなく市販のHDMIケーブルで、アダプタとディスプレイ(テレビなど)をつなぐだけで自動で認識されます。

20161010_210830

こちらも問題なく映像が出力されましたheart04
また、テレビなどの音声信号に対応した端子であれば同時に音声も送られるようになりますnote

Img_2626

私の場合はMac Proと同じように拡張に設定して二枚目ディスプレイとして動作させてみましたtv
このように3つのポートを同時に使っても問題なし…と思ったのですが、なぜか特定の環境で充電に失敗するようですsweat01
というのが繋ぐ順番で、アダプタに全端子を接続してからMacBook本体へ接続したり、HDMI→USB-C電源の順に接続すると"バッテリーは充電されません"と表示されたままになります。
解決策としては充電が開始されている状態でHDMI端子を繋ぐsign01
そこだけ気をつければ全ポートを同時に使用しても特に問題はなさそうですhappy02(そもそも電源OFF時に正常充電されないことがあったので、充電に関してはMacBook自体も怪しいですが)

私の場合はHDMIは関係ないのでこれで十分といった感じですねup
まして新型MacBook Proが発売されるまで使いたいので、この価格で利用できればコストパフォマンスは非常に良いのではないでしょうかgood
今回は問題がない製品でしたからメーカーのサポートについてはどんな感じなのかわからないですが、たまにMacBookで充電とUSB機器を同時に使いたいという方は一度購入してみたはいかがでしょうかbell(購入して使えるかどうかは自己責任で)
しばらく使ってみて問題が発生するようであれば追記したいと思いますhappy01

ちなみにsign03
同じくUSB-Cポートを採用するWindows 10 mobile搭載スマートフォン"NuAns NEO"にも接続してみたのですが、こちらは認識はされるのにHDMIでの出力(Continuum)には切り替わりませんでしたbearing

Img_2632

他のHDMIアダプタでは出力できていたので、このアダプタは相性なのか仕様なのかわかりませんが使用できないようです。
そういった目的で購入される方はよく検討されることをおすすめしますsweat01

追記(2016/11/29)
やはりという感じではありますが、新型MacBook Proが届いたらいろいろ試そうと準備していたところ、MacBookでHDMI出力が使えなくなっていることが判明しましたsweat01
その後、別の機器でも試しましたがやはりこのアダプタを使おうとすると出力されず。
これまで使っていた電源ポートとUSBポートは生きているので、映像に関する機能又はHDMIのみが故障しているようですbearing
HDMIに関してはAmazonのレビューにもはじめから使えなかったりすぐ壊れたとの報告が多数上がっていたのでそんなもんなのかもしれません。
充電機能に関しては動作(出力制限あり)しており、USBポートも動作しているのでしばらくはその用途だけで使おうと思いますpaper

| | トラックバック (0)

新型MacBook Proへの買い替えを検討☆

まだまだiPhone7シリーズが発売になったばかりで供給も安定しない感じですが、徐々に新型MacBook Proの噂も聞こえてくるようになりましたsign01(MacBook Airも残りそうですね)

Img_2026

私が普段メーンで使っているMacBook Proは初代Retinaモデル(MC975J/A)なので購入から4年ちょっと経過しており、本体ディスプレイ周りのゴム枠が劣化で千切れたり電源コード(MagSafe2)もAppleおなじみの皮膜破れが発生していますsweat01
ゴム枠の修理に関してはAppleCareに電話確認したところ一律料金42,120円がかかるそうで、対応してくださったAppleの方にまでそこまでして外装修理にするのはおすすめしないと言われてしまいましたwobbly(MagSafe2は10,260円で購入が可能)

Img_2028

まぁ確かにディスプレイのゴム枠交換だけで42,120円というのもなかなかいいお値段なので、これを機に新型への買い換えを検討してみましたrock
前記事でも触れましたが2013年以前のMacはmacOS Sierra新機能の一部が使用できないため、そういう意味でも買い替えの検討対象としても良いと思いますup
まだ公式発表されていないので新型について何かすることはありませんが、新型を買うならばこのMacBook Proは売却して多少なりとも資金にしたいところですdollar
ということで、とりあえずネットオークションでの美品落札相場を見てみると9万前後。

Img_2041

Mac買取店の参考価格が新品7万強〜難ありが最低3万強、量販店系買取は新品でも最高4万円となかなか厳しい感じですsweat02
ネット上で何件か買取店の簡易見積もりを取ってみたのですが、やはり破損ありでランクが下がってしまうため5.5万程がいいところでしたsad(実物を送ったらもっと下げられるかも)

まぁそんなもんかと思いながらも普段よく行くPC買取店でも査定してもらおうかなと思って行ったら臨時休業paper
いつもだとここで諦めるのですが、たまたまその日は近くにもう一軒中古品リサイクル店があったのを思い出しそちらへ行ってみましたrun
以前一度だけ入ったことはありましたが、実際に売ったり買ったりしたことはなく普段あまりお客が入ってる感じのない印象のお店coldsweats01(ネットで調べると一応チェーン展開しているので無名のとこよりは多少安心感がありますが)
店内を見る限り比較的きれいな物を扱っている印象だったので難アリ品も大丈夫なのか心配ではありましたが、とりあえず査定してから買い取れるか判断してくれるとのことだったので依頼up

待つこと40分程…長い〜sign01w
やっと呼ばれるたのですが…店員さんはほぼ女性なのになぜか店長と思しき男性の方にバトンタッチsweat01
うちはこういうの買い取れないのでと怒られるのかsign02

っと思ったら、時間が掛かったことのお詫びと"査定額が出ました"の言葉をいただきましたcoldsweats01
さて肝心の査定金額は…………8.5万円強sign02
Mac専門店が新品でももっと安く買い取るのに、ただの中古品リサイクルショップがそれを大きく上回る金額とは。。
その後に電源コードの被膜の破れ・ディスプレイ周りのゴム枠の千切れがなければもう1万上乗せで出せるのですが申し訳ありませんと何故か謝られましたsweat01
誤っていただくなんてとんでもない、予想外の高額ですsign01

で、そのまま売却してしまいましたhappy01
金額的には本当に十分ですし、査定有効期限が切れてから再査定で同じ金額になるとは限りません。
まして新型MacBook Proはフルモデルチェンジに近い物になるという噂があり、買い取り価格が更に下がる可能性は高いですyen
金額的には現行MacBook Pro Retinaの15インチベースモデルの1/3相当ですから、新型も値段据え置きだとすればかなり大きいですねshine

というわけでだいぶ気が早いですが、新型導入に向け一時的にMacBook Proがなくなってしまいましたhappy01
iMac 5KやMac Proはがあるのでデスクに向かえばいいのですが、普段はMacBook Proでのんびりと作業することが多いのでなかなかの違和感sweat01
とりあえずはMacBook(Retina)を代替機として置いてみましたが流石に辛いですw
噂では10月下旬と言われていますが、できれば早めに新型が発売されることに期待したいと思いますnote
そもそも本当に発売されるのかな??ww

買い替えを検討されている方は予め査定をしてもらうと、実際売却する時にスムーズかもしれませんねsign01
その際はぜひネットの情報だけでなく、いろいろなところで査定して比較するのが良いかと思います。
そしてデータのバックアップや正しいリストアをお忘れなくheart04

※本記事の内容はあくまで当方が偶然出して頂いた査定内容であり金額は状況により大きく変動するため、相場や金額を保証するものではありませんのでご注意ください。

| | トラックバック (0)

macOS Sierra新機能、Apple WatchでMacにオートログイン☆ 10/26追記

macOS Sierraのリリースにより、Apple WatchによるMacへのオートログインが正式に可能となりましたsign01

Lwscreenshot_20160922_at_110243_am

パスワードを入力しなくても自動的にロックを解除してくれる便利な機能なのですが、設定の際になかなかうまく行かなかったので個々にメモ代わりに条件及びチェックポイントを箇条書しておきますrock

1. Mac・Apple WatchのOSが最新であること
当然オートログインを利用するにはMac側がmacOS Sierraになっていることが必要ですが、認証に使うApple Watch側も現在の最新OSであるwatchOS3になっている必要があります。
また、watchOS3へのアップデートにはペアリングしてあるiPhoneiOS10になっている必要もあるため合わせて確認しましょう。
条件を満たしていれば複数のMac・Apple Watchでも設定可能です。

2. 2013年以降に発売されたMacであること
オートログイン機能はmacOS Sierra自体の動作条件とは別に、動作可能なMacが指定されています。
それがこの2013年以降に発売されたMacという条件で、これを満たさないMacでは設定項目にApple Watchによるオートログインが表示されません。
どうやらAirport Extremeの世代が関係しているようで、それ以前のMacでもパーツ追加とContinuity Activation Toolで有効化できるようですが、そこまでするほどのものでもないのでここでは記載しません。

3.Apple IDの2ファクタ認証が有効になっていること
この2ファクタ認証はちょっと説明もめんどくさいですが、所有しているAppleのデバイスを使ってトークンのような認証を行うことができます。

20160922_120653

有効にするにはシステム環境設定から"iCloud→アカウント詳細→セキュリティ→2ファクタ認証"で切り替えが可能です。
注意したいのはiOS9以前及びOS X El Capitan以前を搭載したiPhone・iPad、Macなど併用して利用している場合。
この場合2ファクタ認証をオンにしてしまうと上記以前の古いデバイスは、Apple IDから切り離されログインができなくなります。(App StoreやiCloudの認証が正常に完了しない)
後から無効に戻すこともできますが、オートログインには必須項目となるのでよくチェックしてから有効化しましょう。

4.Apple Watchによるオートログインを有効にしていること

20160922_120850

この設定はシステム環境設定から"セキュリティとプライバシー→一般"の中にある「Apple WatchでこのMacのロックを解除できるようにする」にチェック入れると有効になります。
Apple Watchが複数台存在している場合には上記の画像のように表示されるため、わかり易い名前で区別できるようにしておくと良いでしょう。
チェックを入れる際は先にApple Watchを腕に装着しパスコードを解除、ペアリングしてあるiPhoneと接続が確立していることを確認しておきましょう。
チェックを入れると有効化が開始され通常は一分ほどで有効になりますが、たまに失敗することもあるので何度か繰り返してみると成功します。(とうしてもダメな場合は各デバイスを一度再起動)

5.MacのWi-Fiが有効になっていること

Lwscreenshot_20160922_at_110310_am

この部分があまり説明されていないのでちょっとハマってしまいましたが、Mac側のWi-Fiがオフの時には通常のパスワードログインになってしまいます。
iMacやMac Proだと有線LANを繋いでいるので見落としてしまいがちですが、オートログインを利用する場合には必ずオンにしておきましょう。

6.Apple WatchがMacから3m以内にあること
上記のWi-Fi必須からもわかるように、どうやらApplw Watchが近くに有ることをWi-Fiで確認しているようです。

Img_2340

実際に使ってみるとMacBookシリーズだとそれほど気にしなくても良いのですが、iMacやMac Proなどのデスクトップ系ではどうも認証の精度が落ちます。(内蔵Wi-Fiアンテナの位置の関係?)
特にMac Proの場合は机の下に本体をいれてしまっている環境などでは、認証に失敗してパスワード画面に移ってしまいがちなので注意しましょう。

7.解除できるのはロックの場合のみ
根本的なところではありますがこの機能、オートログインといっても電源を入れた直後の自動ログインは行ってくれません。
動作条件としては一度ログインした後に一定時間経過してスリープによるロックがかかったり手動でスリープや画面ロックをかけた場合や、ラップトップを閉じて再び開いた際にロック解除が動作します。
一点気になったのはスクリーンセーバーに画面ロックをかけている場合、ちょっとでも揺らしたりすると距離によっては勝手にロック解除されてしまいます。
βのときにはApple Watchを傾けないと解除しない仕様でしたが現在は特に関係なく解除してしまうので、できればその辺の設定がほしいところです。

基本的には上記のことを注意すればオートログインを利用できるはずですsign01
ただし私の環境ではiMac 5Kだけがどうしても認証できずにかなり悩みましたsweat01
原因は不明のままですがMacを復元した後に再度macOS Sierraにしたところ今度はすんなり認証scissors
一度目の際にはアップデート後にキーチェンの警告などが表示されていたので、エラーこそ出ませんでしたが正常にアップデートされていなかった可能性もあるかもしれません。
私のように何時間かけてもオートログインを使いたいという方は、どうしても使えなかった際には復元やリストアも試してみると良い思いますcoldsweats01(そこまでしても動作する保証はありませんのでご注意をdanger)


10/26追記
10/25日にリリースされたmacOS Sierra 10.12.1にアップデート後、なぜかオートログインができなくなったので何が原因日悩みました。
最終的に確認していくとBluetoothが切になっていることが原因と判明。
5であげたようにWi-Fiが必須であることは書きましたが、どうやらBluetoothになっている必要があるようです。(Appleサポートにも記載あり)
オートログインできなくなったときには確認してみてください。

| | トラックバック (0)

12インチMacBook用に汎用ケースを買ってみました☆

先日、新しいプロジェクトの関係で12インチMacBookを支給してもらいましたsign01
普段は手ぶらでの外出が好きなのですが、仕事だとそうも言っていられないのでこれを持ち歩かないといけません。
ということで、今回はAmazonで手頃なケースを買ってみましたup

Img_4667

今回購入したのはFYYというメーカーのケースで、一応12インチMacBookに対応となっておりSurface3などでも使用できるそうです。
Mac Book Air 13 ケース iPad Pro ケース,Fyy超薄型 バッグ型ケース
価格は私が購入した時点で1,480円(税込)と非常に安い価格だったので正直全然期待していなかったのですが、実際に到着したものを見てみると質感も思ったよりも良さそうhappy01

Img_4670

MacBookを入れてみるとちょうどいいサイズで殆ど動きませんsign01
内側の材質も柔らかく傷もつきにくそうで安心。
蓋は磁石が入っているのでピタッとくっついて止まりますshine

Img_4681

ポケットも多いのでちょっとした小物やメモ帳を持ち運ぶのにも良さそうですねgood
一応ケースなのでこれを更にバックに入れるのが普通かもしれませんが、ちょっとした外出時などはこれをそのまま持って出てもそれほど違和感はないように思います。

Img_4672

ちなみにSurface3からType Coverを外し単体で持ち運ぶ場合のケースにも最適note
Surface3の方が小さいので多少中で動きますが特に問題はないレベルでしょう。
一つ気になることがあるとすればペン掛けでしょうか…sweat01
この製品にはペン掛けがあり今回はおまけでボールペン(裏側がゴム製タッチペン)がついてきているのですが、このペン掛けの穴がこのおまけのペンしか入らないくらいに細いですbearing

Img_4666

せっかくならSurface3のペンが掛けられるくらいの仕様の方が中に一緒に入れてしまうより使い勝手がいい気はします。
今回メインで入れるMacBookの場合は特にゴム製タッチペンも関係がないのでペンは掛けずに使いますrock

とりあえず格納した感じはなかなか良さそうなのでしばらくこれで使ってみようと思いますsign01
何より1,500円を切る価格ですから、もし短期間で買い替えになってもそれほど後悔はないですねhappy01
私はスーツでの仕事があるので無難にブラックを選びましたが、ほかの色や花柄などもあるので利用シーンによって選べますup
また、別サイズも取り扱いがあり最近話題のiPad Proが入るものなども販売されているので、ひとまず安価なケースに入れて保護したいと思っている方は是非検討してみては如何でしょうかheart04

| | トラックバック (0)

コアファイルで起動ディスクがいっぱいに!? ひとまず問題を回避☆

先日Mac Proを使っていたところ、突然「お使いの起動ディスクはほとんど一杯です」のメッセージがsign01
MacBook (White)を使っていた頃にはたまに目にすることもあったので別にはじめてというわけではないのですがどうも腑に落ちません。。

20140603_01643

メッセージが出たのは普段仕事で使っているMac Propc
起動ディスク2TB・データ用ディスク4TBで構成しており、まして作業データ等は基本的にデータ用に移すのでいっぱいになっているというのは考えにくいのですsweat01
何があったのかと「このMacについて」からストレージの項目をチェックすると、起動ディスクが真っ黄色ではありませんかsign02
しかも黄色はその他のデータなので何のファイルなのかここからはわかりませんbearing
今回はとりあえず解決できたようなのでメモ代わりに起こしておきますflair

実際にHDD内のデータチェックとネットの情報を探しながら確認していくと一つ怪しい物が見つかりました。
それがウイルス対策に入れてあるウイルスバスター for Macrock
契約しているプロバイダから月額版ウイルスバスターがセット提供されており、Win・Macで3台までのライセンスがあるためせっかくなのでインストールしています。

20140603_213007

どうもそんなシステムを守ってくれているウイルスバスターが異様なコアダンプを行っているらしいsign01(逆にユーザー領域等には特に怪しい大容量ファイル等は無し)
というわけで実態をチェックすべく起動ディスク内で隠しフォルダとなっているcoresにアクセスしてみると、やはり異様な数の
コアファイルが生成されていましたcoldsweats02
コアファイルなのでターミナルから全て削除してしまえば容量的な問題は解決ですが、何故こんな状態になっているのかを調べないとまたいつかいっぱいになってしまうことになりますsweat02
更に調べていくこと数分、どうやらこの
コアファイルはウイルスバスターと同時に入ってきた"TrendMicroツールバー"が原因となっている場合があるとのことpaper

20140603_212939

対処方法としてはアドオン一覧等からTrendMicroツールバーを無効化してしまえば
異様なコアダンプはなくなるようなので、無効化したまま数日間様子を見てみましたup(実際TrendMicroツールバーを無効にしても改善しないという報告もあるようです)
私な場合はこれにより見事改善sign03
一日に数十個程度作成されていた
コアファイルは作成されなくなりましたnote

ここで注意しなけでばならないのはインストールされているブラウザdanger
複数のブラウザを使い分けていると各ブラウザにそれぞれ
TrendMicroツールバーがインストールされていたりするので、全てで無効にしておくのがよいと思います。
ウイルスバスター for Macを最新状態にしていても作成されるので、何らかの問題があるのかもしれませんが詳細については不明ですcoldsweats01

とりあえずは問題が解決したので良かったですが、もうしばらくは様子を見てみようと思いますgood
システム領域が2TBだとコアファイルがたくさん作成されたからといってなかなかいっぱいにはならないですがMacBook Air 128GBモデルなどではストレージをやりくりしなければならない場合も多いと思いますので、あまりその他のファイルが増えている時にはちょっと疑ってみると良いかもしれませんheart04 

| | トラックバック (0)

ついに日本でもiTunes Matchが提供開始に☆ 追記

Appleが提供する音楽クラウドサービス"iTunes Match"が本日5月2日からついに日本でも利用可能になりましたsign01
米国等では既に2011年11月から正式に提供開始となっていましたが、日本国内では権利関連の問題等で本日まで提供されていませんでした。
利用には年間登録料3,980円(日本のStore価格)の支払いが必要で、最大25,000曲の楽曲を同期し最大10個のデバイスからアクセスすることが可能になりますnote

20140502_131718

iTunes Matchには通常の音楽クラウドサービスとは異なった機能もあり、その中でも一番注目したいのがマッチング機能sign01
過去に取り込んだ古い楽曲の中には容量の関係などでどうしても低ビットレートで取り込んだものが存在したりしますが、このマッチング機能ではiTunes Storerで販売中の楽曲と一致するものを探し、一致した場合にはiTunes Plus 256kbpsでダウンロード可能な状態にしてくれますgood(楽曲データはDRMフリーなので後の操作も自由。)
もちろん楽曲はクラウドにアップロードされるのでインターネットに接続可能な状態であればPC/Macはもちろん、iOS5以降の搭載されたiPhoneやiPadで外出先からアクセスすることもできます。
価格も手頃ですし日本でのiTunes Match提供開始により、外出先で音楽を楽しむ方法がまた増えそうですねup

というわけで、実際にiTunes Matchを使ってみたいと思いますhappy01
既に自前サーバーで音楽管理はしていますがせっかく日本でのサービスインなので、とりあえず試してみましょうw
海外版を一度チェックしたことはあるのですが常用したことはないので、普段使っている曲数の少ないライブラリを設定してみようと思います。
わかりにくい文章になりますが、一応参考までに残しておきますcoldsweats01

20140502_93641

まずは登録のためにiTunes Storeから年間登録をしてみたのですが何も起こりませんsweat01
よ〜く探してみるとメニューバーのStoreの中に"iTunes Matchをオン"の項目があったので、クリックしてiTunes Matchを開始しますsign01
はじめからこの項目が表示されていればメニューバーからでOKのようですが、Store内から直接登録した場合にも説明は欲しいところですねsweat02

20140502_102750

あとの処理はiTunesが自動で行い、曲数によってアップロードに結構時間もかかるので適当に歌でも唄って待っていましょうcoldsweats01
ちなみに後に新しい曲を追加した場合には、自動アップロードを待つかメニューバーから手動でアップロードを開始できます。

20140502_125617

アップロード完了の画面に切り替われば準備は完了ですnotes
アップロード中に一度進行が停止しましたが、あまり長く止まっている場合は一度iTunesを再起動すると良いようです。

このクラウドのライブラリは他のiTunesからも同じApple IDでログインすることで利用可能になります。
iOS搭載のデバイスからも同じApple IDでログイン後に、設定→ミュージックから"iTunes Match"の項目をオンにすることで利用できますscissors

Img_3052

オンにするとデバイス内のライブラリが置き換わるという確認メッセージが表示されます。
問題がなければ"オンにする"をタップしましょうnote
また、"全ミュージックを表示"がオフの場合にはミュージック上でダウンロードが完了している曲のみが表示されるので、通常はオンにしておくのがよいと思いますgood
これで設定を行ったiOSデバイスでのiTunes Match使用準備は完了ですheart04

Img_3055

早速ミュージックアプリを開くと、同期が完了している楽曲が順次表示されていきますnote
まだダウンロードが完了していない曲にはクラウドマークが付き、再生したい場合は曲名をタップすることでストリーミング再生、クラウドマークをタップするとダウンロードが開始されます。
ダウンロード済み楽曲はスワイプ操作で削除することも可能bleah(もちろん再ダウンロードも可。)

Img_3056

必要に応じてダウンロードができるので、ストレージ容量が少ないiOS搭載デバイスを使っている場合にも便利そうですねrock
注意が必要なのはiPhone等でキャリアネットワークを利用してダウンロード・再生する場合には7GB制限等の対象になる可能性があるので注意しましょうdanger
ダウンロードの状況によってはバッテリー消費なども影響しそうなので、しばらく使って動向をチェックしてみたいと思いますheart01

追記
iTunes Matchの年間登録について追記しておきます。

20140502_140933
年間登録が完了すると登録されているメールアドレスに、このような登録確認メールが届きましたsign01
その内容によるとiTunes Matchは自動更新となっており、一年で使用を停止したい場合は期間終了の24時間前までに自動更新をオフにする必要があるとのこと。

20140502_142010

実際にアカウント情報をチェックしてみるとiTunes in the Cloudの項目にiTunes Matchの自動更新オン・オフボタンがありますgood
このボタンはクリックするだけで簡単に切り替えが可能で、オフにしたからといって現時点でのiTunes Match利用には特に関係はありません。
とりあえず使ってみたいけど来年更新するかどうかは後で決めたいという方は、いちどこの項目をオフにしておくと安心かもしれませんflair

Photo

ちなみに同じApple IDであれば一度登録しているiTunes Matchに再課金してしまうことはないので、新しいiTunesに設定したい場合も新規と同じ操作から登録が可能ですshine(Apple IDが別物でないかは十分お確かめください)

| | トラックバック (0)

MacBook Pro Retinaの起動速度を改善☆

前記事でも書きましたが、三月も半分が過ぎていろいろと変わり目ですねhappy01
私もいろいろと変化がありまして手続き等に追われていますrock

そんな変わり目なので作業に使っているMacのデータも整理しようと作業を始めたのですが、作業対象がMacBook Pro Retina 15inc(Mid2012)になった時に気づいてしまいました。
やたらと起動が遅いではないですかsweat01
測ってみると40秒近くもかかっていますdown
HDDのみのMacBook Proであればその数字も分からないではないですが、MacBook Pro Retinaなので当然メーンストレージはSSD。
購入当初に比べても非常に遅くなってしまっていますwobbly

Photo

というわけで、アップルロゴ表示が長い問題を改善するべく以下の事を為してみましたsign01
ひとまずどこで止まっているのかを詳細モードで見ていると、どうやら起動ディスクを読み込むところ辺りで長く止まっています。
Time Machineのドライブなどもチェックしているようで、実際のOS起動自体にはそれほど時間はかかっていないようですsweat02
症状を見る限り起動ディスクの選択に時間がかかってしまっているのでしょうbearing

20140319_234201

というわけでまずは起動ディスクとTime Machineの保存ドライブを再設定paper
これはシステム環境設定から簡単にできるので、正しいドライブを指定して一旦システムを終了します。
その後、完全な終了状態から起動してみると起動時間が30秒弱くらいになっていますがそれでもまだ遅い…sad
再び詳細モードで立ち上げて挙動をチェックすると、今度は先程とは違うところで止まっています。

20140319_234552

仕方ないので次は起動時にCommand+Rキーを押してリカバリーモードに入り、ディスクユーティリティを起動rock
システムが入っているドライブで「ディスクのアクセス権を検証」と「ディスクの検証」を実行すると複数の修正必要箇所が出てきましたsign01
いくつかは修正が必要な問題とのことなのでそのまま両者の「修復」も実行しますsweat01
この手の問題の中には修復不可能なものもあったりするのでドキドキしていたのですが、特に問題は発生せずに修復は終了coldsweats01

そしてもう一度再起動してみると…速いッsign03
計測してみると10秒ほどで使用可能な状態になりましたclock
どうやら何らかの問題でディスクに問題が発生していたようで、それにより起動に時間がかかるようになっていたようですねnote
これだけ高速で起動してくれると非常に気持ちいですgood

ちなみに一昨年SSDを追加して擬似Fusion Driveを組んでいるiMac 27inc(Mid2011)の方は未だ快適で、現在でも12秒ほどで起動するので作業開始も快適ですhappy01(外付けHDDのスピンアップを待つらしく寒いとちょっと時間がかかったりしますがw)
Mac ProはHDDなのでそこは妥協で…w

長く使っているとどうしても起動が遅くなる等の問題は出てきますので、年度替わりのこの時期はデータの整理だけでなくメンテナンス等も必要ですねshine
遅いなと感じたらチェックしてみてくださいheart04

| | トラックバック (2)

ケンジントンのトラックボール「SlimBlade Trackball」を購入☆

約二年ほど前にiMac 27inc(Mid2011)を購入する際、とりあえずと同時に購入したトラックボールがついに壊れましたcoldsweats02
当初は図面を引かないので特に大玉な必要はないだろうとLogicoolTrackMan Marbleを購入し、Twitterやブラウジングのみであれば第3・4ボタンにクルーズを割り当てておけばわりと使いやすい製品でしたshine
が、一年ほど前からどうも第2ボタンのクリックが調子が悪くなりSkype通話を誤発信するなどミスを頻発、ついに分解クリーニングをしても反応がなくなってしまいましたsweat01
実はこの
TrackMan Marbleは二代目で別途MacBook Proでも同じ製品を使っているのですが、こちらも同じく反応が鈍くなり始めているので耐久性という意味ではあまり長くないのかもしれませんsad

というわけでiMac用のトラックボールを買い替えですrock(多分MacBook Proの方はまた
TrackMan Marbleを買う気がしますw)
前回は必要ないだろうと大玉の製品を検討しなかったのですが、今回はあえてちょっと玉の大きい物から選考してみましたsign01

Img_2130

そして購入したのがケンジントンの「
SlimBlade Trackball」ですnote
Amazonでは「ケンジントン 【正規品・5年保証付き! 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP」10,875円として販売されていますが、今回はポイントがあるのでヨドバシでの購入yen
既に私もMac Proの方では同じくケンジントンのExpert Mouseを使っており、周りのエンジニアさんや音楽関連の方も長く使っている方が多いので私も統一してもいいかなと思ったのですが、仕事専用ではないしせっかくなら新しいモノを試してみようということで上位にあたる
SlimBlade Trackballを購入してみましたhappy02(まぁこれもだいぶ前に発売されているので新しくはないですし、マウス・トラックボールの中でもかなり高い部類になっちゃいますが…^^;)

Img_2147

早速設置してみると思っていたより小さいですねup

Expert Mouseであったようなホイールリングはなく非常にシンプルなデザインですgood
多少指紋もつきますが色がグラファイトなのでそれほど気にはなりません。
操作に関してもボールは非常にスムーズな回転で、大玉の恩恵も十分に受けられますheart04

そしてこの製品には大きな特徴がありまして、スクロール用のホイールリングがない代わりにボールを捻ることでスクロールが出来るようになっていますshine
この点はスクロールが指一本でできなくなってしまうので不便なのではないかと思ったのですが特にそういうことはありませんでしたscissors
むしろ単に回すだけではなく本体からカチカチとホイール音が発せられるのでスクロールが楽しく感じられるくらいですねsign01
まだ初日なのでボール操作中にスクロールになってしまったりすることはありそうですがこれは慣れで何とかなりそうですhappy01

20131108_140825

本来は他にもビューモードやメディアモードと言った各操作モードへの変更も行えるようですが、残念ながらMac OS X Lion 10.7以降のドライバがないようなので無理にインストールするのはやめておきますcoldsweats01

まだ開封したばかりなので長時間の使い心地などはわかませんが、はじめの印象としては非常に良好sign03

最近はiMacの方でも軽い動画研修や楽曲制作はしちゃうので重宝しそうですnote
あとは耐久性等が気になるところですが、値段がするだけあって5年保証もつくので少しは安心ですねhappy02
また何か変化があれば記事にしたいと思いますheart01

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧